V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
806
[開催日]
2017/11/11
[会場]
青山学院大学体育館
[観客数]
350
[開始時間]
15:40
[終了時間]
16:54
[試合時間]
1:14
[主審]
津嶋 由香
[副審]
有村 公美子

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 久保 雅
通算ポイント: 0
通算: 0勝3敗
0

ポイント
0
15 第1セット
【0:20】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:24】
25
20 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 吉川 三博
通算ポイント: 9
通算: 3勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 終始、相手チームに先行される苦しい展開のゲームとなりました。原因はサーブレシーブがセッターへ返らず、浮足立ってしまい、攻撃への切り替えが出来ませんでした。ホームゲームでの敗戦の悔しい思いを明日のゲームにぶつけたいと思います。
 多くのご声援をいただきありがとうございました。

15 有川
()
勝見
()
石川
(鈴木)
黒木
()
25
百瀬
()

()
小清水
()
末代
()
色摩
(草野)
松浦
()
萩原
()
田中
()
三浦 (平岩) リベロ 鶴ヶ崎
21 有川
(村尾)
勝見
(草野)
石川
(鈴木)
黒木
()
25
百瀬
()

()
小清水
()
末代
(楠木)
色摩
()
松浦
(縄田)
萩原
()
田中
()
(平岩) リベロ 鶴ヶ崎
20 有川
(重松)
勝見
()
石川
(鈴木)
黒木
()
25
百瀬
(関口)

()
小清水
()
末代
()
色摩
()
村尾
(縄田)
萩原
()
田中
()
(平岩) リベロ 鶴ヶ崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 準備してきたことが、しっかり出来ているところもあったが、攻め切れていない時に失点してしまいました。明日もしっかり結果が出せるよう準備します。
 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕2連勝と波に乗る柏エンゼルクロスと、初勝利を勝ち取りたいGSSサンビームズの対戦。
 柏が粘り強いレシーブと、コースをつくサーブで攻め立て、終始試合を優位に進める。この試合からデビューの中国出身、GSS・張は身長202cmの高さを活かしスパイクを決めていく。ベテランの色摩、ルーキーの勝見は、小柄ながらも跳躍力、機動力を武器に得点する。しかし、柏のセッター黒木のネットの幅いっぱいに使ったトスワークによりブロックを振り切り、スパイカーが思うようにスパイクを決めて、1、2セットを連取した。
 第3セット、GSS・張のブロックポイントから始まり、反撃の狼煙をあげる。対する柏はルーキーの末代のブロックで追いつき、長いラリーを小清水のスパイクでもぎ取り逆転する。勢いを落とさない柏は田中のスパイクを皮切りに連続得点し、最後は田中のサービスエースで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 橋本 正太郎