V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
845
[開催日]
2018/02/17
[会場]
引佐総合体育館
[観客数]
1,073
[開始時間]
16:30
[終了時間]
17:37
[試合時間]
1:07
[主審]
内藤 聡美
[副審]
佐藤 拓男

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 相田 好美
通算ポイント: 22
通算: 7勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:19】
11 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:19】
14
25 第3セット
【0:23】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大阪スーペリアーズ

監督: 平上 帆澄
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今シーズンの最終戦をホームゲームで、何とか勝利で締めくくることができました。
 今回は苦戦が続き、大変大きな授業を受けさせていただいたシーズンでした。負けが続いた時でも応援してくださった皆様は真のブレスサポーターです!
 来シーズン皆様にもっと喜んでいただけるように、強くなって戻ってきます。今シーズンの熱い応援、本当にありがとうございました。

25 加藤
(播磨)
柴小屋
()

()
坂根
()
11
熊本
()
多田
(澁谷)
矢口
(入江)
田中
(平川)
菅原
()
菅井
()
山本
()
不破
()
徳田 リベロ 須田
25 柴小屋
(和田)
多田
(高橋)

()
坂根
()
14
加藤
()
菅井
()
矢口
(入江)
平川
()
熊本
()
菅原
()
山本
()
不破
(岩本)
徳田 リベロ 須田
25 加藤
()
柴小屋
()

()
坂根
()
21
熊本
()
多田
(澁谷)
矢口
(原田)
平川
()
菅原
()
菅井
()
山本
()
不破
()
徳田 リベロ 須田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は最終戦にたくさんの応援をありがとうございました。
 ブレス浜松の多彩な攻撃に終始翻弄されました。
 今シーズンも悔しい試合ばかりで勝利する事はできませんでしたが、全ての試合でとても大切な経験をさせていただきました。来シーズンに向けて、また一から頑張っていきたいと思います。
 今シーズンも本当にありがとうございました。

要約レポート

 今季最終戦を勝利で締めくくりたいブレス浜松と、悲願の初勝利を挙げたい大阪スーペリアーズの試合。
 第1セット、浜松のセッター菅井が仕掛ける多彩な攻撃で序盤から大きくリードする。対する大阪もリベロ須田らの好レシーブから不破、山本のスパイクで反撃するも及ばず、浜松が25-11で先取した。
 第2セットも浜松の勢いは止まらず、25-14で浜松が連取した。
 第3セット、ようやく本来の調子を取り戻した大阪。張、原田の強打で得点を重ねて先行。浜松も熊本、菅原らのスパイクで食らいつく。迎えた終盤、粘り強いレシーブから、最後は多田の攻撃で大阪を振り切った浜松が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 笠原 隆博