V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
839
[開催日]
2018/02/10
[会場]
江戸川区スポーツセンター
[観客数]
245
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:10
[試合時間]
1:10
[主審]
水間 絵美
[副審]
森山 真理子

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 19
通算: 6勝7敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
17
25 第3セット
【0:22】
17
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大阪スーペリアーズ

監督: 平上 帆澄
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝14敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートから相手のサーブに攻められたが、今日は我慢強く冷静にプレーができたことが良い結果に繋がった。
また、今日はプレステージらしく最後まで攻められたことが大きかった。
本日は、ご声援ありがとうございました。
明日も、よろしくお願いします。

25 浅川
()
江川
()

()
坂根
(入江)
17
柳沢
()
戸田
()
矢口
()
田中
()
田村
()
木村
()
山本
()
不破
()
佐藤(円) (森) リベロ 須田
25 浅川
(三澤)
江川
()

(岩本)
坂根
()
17
柳沢
(佐藤(梨))
戸田
()
矢口
(入江)
田中
()
田村
()
木村
()
山本
()
不破
()
佐藤(円) (森) リベロ 須田
25 浅川
()
江川
(松尾)

()
坂根
()
17
柳沢
()
戸田
(佐藤(梨))
原田
(入江)
田中
()
田村
(丹野)
木村
()
山本
()
不破
()
佐藤(円) (森) リベロ 須田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日も、たくさんの応援ありがとうございました。
 1セット目から相手のサーブで崩されて、やりたい攻撃ができず苦しい展開でした。
 ゲームの中で修正する力をチームの中で大切にしていきたいです。
 プレステージさんのように粘りのあるレシーブ力を見習い、もっと泥臭いバレーをしていきたい。
 リーグ戦も残り1試合となりました。これまでで一番良い形でゲームができるように頑張ります。
 応援よろしくお願いします。

要約レポート

 初勝利を挙げたい大阪スーペリアーズ対勝利して上位を目指したいプレステージ・インターナショナルアランマーレの一戦。
 第1セット、序盤、プレステージは浅川のアタック、柳沢・戸田・江川のブロックポイントで点を重ねると、大阪は張・不破・坂根のアタック、途中選手交代した入江のサービスポイントで応戦する一進一退が中盤まで続く。プレステージは木村のアタックで17-15にすると、一気に流れを掴み、木村・戸田のアタックで24-16とし最後は江川のアタックでセットを先取した。
 第2セット、序盤より互いに点を取り合う攻防戦の中、抜け出したのはプレステージであった。14-14で選手交代した三澤のサーブポイントから、柳沢のアタック・ブロックポイント、木村のアタックで連続得点とし21-14とした。一方、大阪も選手交代やタイムアウトを取り流れを変えようとするが、勢いに乗ったプレーステージはそのままセットを連取した。
 第3セット、後がない大阪は、不破・山本のアタックで点を取りリードするも、勢いに乗ったプレステージは浅川・江川のアタック、戸田のサーブポイント、江川のブロックポイントと着実に点を重ね、この試合を勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 古田 法美