V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
818
[開催日]
2017/11/26
[会場]
高崎市浜川体育館
[観客数]
1,028
[開始時間]
14:10
[終了時間]
15:45
[試合時間]
1:35
[主審]
伊藤 薫
[副審]
脇坂 克伸

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ:
通算ポイント: 16
通算: 6勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
15 1

ポイント
0
18 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:19】
11
25 第4セット
【0:22】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大阪スーペリアーズ

監督: 廣田 卓三
コーチ: 邵 師
通算ポイント: 0
通算: 0勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のゲームは、スタートからプレーが雑になり、自分達の展開で攻撃することが出来なかったが、磯野のサーブをきっかけに一気にゲームの流れを引き寄せることができた。しかし、2セット目、自分達のミスによってセットを取られると、4セット目も雑なプレーが目立ち始め、リードはするもののやはりタイトなゲーム展開となってしまった。
 「勝てるであろう、相手はミスを出してくれるであろう」という甘い考え方が今日のような内容のゲームを作り、敗戦となることを肝に命じ、これからの試合を戦っていかねばならない。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

25 磯野
()
柿沼
()
坂根
(松村)
松岡
()
15
栗田
()
寺坂
()
矢口
()

()
三好
(田中)
鈴木
()
山本
()
不破
()
谷内 リベロ
18 柿沼
()
寺坂
()
坂根
()
松岡
()
25
磯野
()
鈴木
()
矢口
()

()
栗田
()
田中
(三好)
山本
()
不破
()
谷内 リベロ
25 柿沼
()
寺坂
()
坂根
()
松岡
()
11
磯野
()
鈴木
()
矢口
(松村)

()
栗田
()
三好
()
山本
()
不破
()
谷内 リベロ
25 寺坂
()
鈴木
()
坂根
()
松岡
()
23
柿沼
()
三好
()
矢口
(松村)

()
磯野
(丸山)
栗田
()
山本
()
不破
()
谷内 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日から2レグが始まりました。現在トップを走っている群馬銀行さんの胸をお借り致しました。まだまだ修正点が多々あり、着実に力をつけている選手を誇りに思います。
 また、遠方よりお越し頂きましたファンの皆様方本当にいつも有難うございます。まだまだ試合は続いていきますので、引き続き応援のほど宜しくお願いいたします。

要約レポート

 全勝の群馬銀行グリーンウイングスと、勝ち星を挙げたい大阪スーペリアーズの一戦。
 第1セット、群馬銀行は11-13から磯野、鈴木、田中のスパイクで得点を重ね、逆転しセットを先取する。
 第2セット、群馬銀行の磯野、寺坂のスパイクが続けて決まりリードする。大阪は坂根のスパイクや矢口のブロックで逆転し、セットを取り返す。
 第3セット、群馬銀行が終始有利に進める。大阪は反撃するが、群馬銀行は着実に得点を重ね、このセットを取る。
 第4セット、序盤に群馬銀行の鈴木のアタックとサービスエースで得点を重ねる。その後、お互いに一進一退の攻防が続くが、終盤レシーブで粘って連続得点を挙げた群馬銀行がこのセットを取り、全勝を維持した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山田 隆之