V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
817
[開催日]
2017/11/26
[会場]
高崎市浜川体育館
[観客数]
359
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:22
[試合時間]
1:22
[主審]
井野口 智洋
[副審]
石井 亮嗣

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 相田 好美
通算ポイント: 9
通算: 3勝3敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:28】
25
19 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ:
通算ポイント: 6
通算: 2勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日はまさに完敗でした。GSSさんの攻守にわたる素晴らしい動きに解決策を見いだせぬまま終わってしまいました。しっかりと敗因を分析して立て直しを図っていきたいと思います。
 今日も寒い中、大勢の皆様にご来場いただきご声援をいただきました。どうもありがとうございました。

20 加藤
()
柴小屋
()
百瀬
()
松浦
()
25
水上
()
多田
()
勝見
()
色摩
(三浦)
菅原
()
菅井
()
有川
()
賀谷
()
徳田 (小松) リベロ 大原
20 水上
()
加藤
()
百瀬
(村尾)
松浦
()
25
菅原
()
柴小屋
()
勝見
(堀部)
色摩
(三浦)
菅井
()
多田
()
有川
()
賀谷
()
徳田 (小松) リベロ 大原
19 加藤
()
菅原
()
百瀬
()
松浦
()
25
水上
()
多田
()
勝見
()
色摩
(三浦)
柴小屋
()
菅井
()
有川
()
賀谷
(関口)
徳田 (小松) リベロ 大原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 前回負けているチームとの試合でしたので、同じ轍を踏まないよう心がけました。先発のメンバーも新人3人、内定選手1人を投入して、思い切った陣営で臨みました。この起用に選手はよく応えてくれたと思います。内容としては、サーブが効果的に決まり、ブロックとの連携も良かったと思います。
 応援してくださっている皆様とともに喜び合えたことを心より嬉しく思います。2日間ありがとうございました。

要約レポート

 1レグでの試合の課題を克服し勝利したいGSS東京サンビームズと、前日の敗戦から気持ちを切り換え新たなスタートをしたいブレス浜松との一戦。
 第1セット、浜松は多田のアタック、サービスエースで点差を広げていく。流れを変えようと早めのタイムアウトを取ったGSSは色摩のアタックを中心に6連続得点を重ね逆転する。GSSはもう一度6連続得点をしてリードを広げる。終盤、浜松の多田や加藤のアタックで得点を重ね追い上げをみせるが、GSSは有川のアタックで逃げ切り1セット目を先取した。
 第2セット、終始1点を争う好ゲームを展開する。両者譲らない攻防となるが、終盤、色摩が連続してアタックを決めGSSがこのセットも勝ち取る。
 第3セット、GSS勝見の3連続得点で試合が始まる。浜松も多田・菅原・水上のアタックで応戦し、このセットも接戦となる。中盤、GSSの百瀬のブロード攻撃が連続して決まり、試合の流れがGSSに傾く。浜松はレシーブで粘りを見せるが、勢いに乗ったGSSはこのセットも制し、ストレートで勝利を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 星野 彩香