V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
815
[開催日]
2017/11/25
[会場]
高崎市浜川体育館
[観客数]
1,244
[開始時間]
15:40
[終了時間]
16:54
[試合時間]
1:14
[主審]
伊藤 薫
[副審]
高橋 美子

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ:
通算ポイント: 13
通算: 5勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
16 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
23
25 第3セット
【0:22】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 相田 好美
通算ポイント: 9
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のゲームは、今シーズン初のホームゲームであると同時に、現在トップ争いをするブレス浜松チームとの対戦ということもあり、ゲームスタートのサーブから気合がみなぎった強いプレーを発揮することができた。スパイクの面で相手を上回り、ディフェンス面でも粘り強く対応できていた。
 本日は、多くの方々にお越しいただき、また、たくさんのご声援をいただき、誠にありがとうございました。

25 柿沼
()
寺坂
(丸山)
加藤
(小松)
柴小屋
()
16
磯野
()
鈴木
()
水上
()
多田
()
栗田
()
三好
(田中)
菅原
()
菅井
()
谷内 リベロ 徳田 (澁谷)
25 柿沼
()
寺坂
(丸山)
加藤
(小松)
柴小屋
()
23
磯野
()
鈴木
()
水上
()
多田
()
栗田
()
三好
(田中)
菅原
()
菅井
()
谷内 リベロ 徳田 (澁谷)
25 柿沼
()
寺坂
(丸山)
加藤
(小松)
柴小屋
()
16
磯野
(三好)
鈴木
()
水上
()
多田
()
栗田
()
田中
()
菅原
()
菅井
()
谷内 リベロ 徳田 (澁谷)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 選手たちはプラン通りに必死に戦ってくれましたが、問題点の修正に時間がかかってしまいました。課題とできている事を整理して、次の試合に臨みたいと思います
 今日で1レグが終わり、早くも2レグがスタートします。明日はまた新たな日。気持ちを入れ換えて、またフレッシュなスタートを切りたいと思います。
 本日は、肌寒い天候の中、大勢の皆様にご来場いただき大変ありがとうございました。皆様と一緒にV・チャレンジリーグⅡを盛り上げていきたいと思いますので、引き続き応援のほど宜しくお願いいたします。

要約レポート

 ホームゲームで連勝を伸ばしたい群馬銀行グリーンウイングスと、勝利をつかみ勝率で並びたいブレス浜松との一戦。
 第1セット、群馬銀行の柿沼と三好のサーブが効果的に決まり、序盤から7連続得点で浜松との点差を広げると、その勢いのままセットを先取する。
 第2セット、群馬銀行の寺坂と浜松の柴小屋・水上のスパイクで点の取り合いとなり、終盤まで両チームとも一歩も譲らない展開となる。群馬銀行はリベロの谷内の好レシーブから攻撃につなげ、最後は磯野がスパイクを決めてセットを連取する。
 第3セットに入っても群馬銀行の勢いが止まらず、セッター栗田の多彩なトス回しにより、磯野と鈴木の速攻が決まり得点を重ねていく。ホームの大声援を受けた群馬銀行が5勝目を挙げ、開幕からの連勝を伸ばし1レグを全勝で通過した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 星野 彩香