V・チャレンジリーグⅡ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
810
[開催日]
2017/11/18
[会場]
酒田市国体記念体育館
[観客数]
810
[開始時間]
15:10
[終了時間]
16:50
[試合時間]
1:40
[主審]
 津嶋 由香
[副審]
 斎藤 隆介

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【0:25】
21 3

ポイント
3
16 第2セット
【0:22】
25
20 第3セット
【0:24】
25
12 第4セット
【0:20】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 相田 好美
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲーム初戦、多くの応援の中で試合させて頂いたが、自分達のプレーができず勝利につながらず申し訳ございません。相手はこちらのプレーを崩し、自分たちのペースで試合をしたが、自チームは逆に自分たちのプレーができなかった。
 明日は今日のご声援にこたえる試合をしたいと思う。本日は悪天候の中、ご声援頂きありがとうございました。

25 浅川
()
丹野
()
菅原
()
小松
(水上)
21
柳沢
()
戸田
(三澤)
菅井
()
加藤
(澁谷)
田村
()
江川
()
多田
()
柴小屋
()
(佐藤(円)) リベロ 徳田
16 浅川
()
丹野
(松尾)
菅井
()
菅原
()
25
柳沢
()
戸田
()
多田
()
水上
()
田村
(中田)
江川
(櫻井)
柴小屋
()
加藤
()
(佐藤(円)) リベロ 徳田
20 浅川
(三澤)
丹野
()
菅原
()
水上
()
25
柳沢
()
戸田
()
菅井
()
加藤
()
田村
()
江川
(中田)
多田
()
柴小屋
()
(佐藤(円)) リベロ 徳田
12 浅川
()
丹野
(中田)
菅井
()
菅原
()
25
柳沢
()
戸田
(佐藤(梨))
多田
()
水上
()
田村
(松尾)
江川
()
柴小屋
()
加藤
()
(佐藤(円)) リベロ 徳田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 前半に何度か崩れかけた流れを選手たちがよく協力して持ち直したと思います。今後の試合はさらに難しくなっていきます。昨シーズンからの課題である攻撃力アップに向け、まだまだ努力が必要ですが、一戦一戦着実に積み上げていきます。
 本日は遠路のアウェイ戦にもかかわらず、たくさんの皆様に熱い声援を送っていただき大変ありがとうございました。明日もしっかり頑張ります。どうぞ宜しくお願い致します。

要約レポート

 今シーズン初のホームゲームとなるプレステージ・インターナショナルアランマーレとブレス浜松との一戦。プレステージは地元で勝利して勢いに乗りたいところ。
 第1セット、プレステージは8番田村の絶妙なトス回しから、17番柳沢、9番戸田、16番江川の攻撃でリードする。浜松は途中出場した21番水上がポイントを重ね追い上げるもプレステージが逃げ切った。
 第2セット目序盤から浜松がリードを広げる展開となった。プレステージは前半からミスが多く9番戸田のセンター攻撃で追いかけたが一歩及ばなかった。
 第3セット目、前セットを奪って勢いに乗りたい浜松は、前半相手にリードを許す展開。しかし、10番多田のスパイクから流れをつかみこのセットも取った。一方プレステージは相手のレシーブに屈する形となった。
 第4セット目、後のないプレステージ。序盤はお互いに点を取り合っていたが、浜松のサーブにプレステージのサーブレシーブが乱され単調な攻撃となったところを浜松は確実なレシーブと早いトス回しから切り返しこのセットを奪い今季2勝目を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 出嶋 幸