V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
775
[開催日]
2018/02/17
[会場]
斑鳩町中央体育館
[観客数]
200
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:20
[試合時間]
1:20
[主審]
岡田 崇
[副審]
澤 賢治

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 37
通算: 12勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
21
25 第3セット
【0:23】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

兵庫デルフィーノ

監督: 岩本 正吾
コーチ: 白川 雅貴
通算ポイント: 13
通算: 4勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 試合を通して、チームとしてかみ合わない所があり、3セット目からようやく合いました。
 点数の取られ方がよくない失点が多かったと思います。残りの試合は、サーブとサーブレシーブがポイントになります。
 全員で集中して頑張りますので、応援お願いします。

25 田畑
(内園)
和治
()
納庄
()
上野
(奥長)
22

()
黒木
()
白川(佑)
(白川(雅))
井上
(玉嶋)
毛利
()
新谷
(山本)
山本
()
田中
()
長濱 リベロ 中野
25 田畑
()
和治
()
納庄
()
上野
(奥長)
21
平田
()
黒木
(内園)
白川(佑)
(太田)
井上
(今村)
毛利
()
新谷
(山本)
山本
()
田中
()
長濱 (大賀) リベロ 中野
25 田畑
(新谷)
和治
()
納庄
()
山本
(奥長)
19
平田
()
黒木
(内園)
白川(佑)
()
今村
()
毛利
()
山本
()
上野
()
田中
()
(大賀) リベロ 中野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目、イージーなミスから入り、相手サーブに押され、2段トスを決めきれない展開が、結局最後まで修正できないまま終わってしまった。対して、こちらのサーブはポイントを取れた事もあったが、続かなかった。コート内での約束事や相手に応じた対応ができない事も多く、課題ばかりでした。
 本日もご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 きんでんトリニティーブリッツ対兵庫デルフィーノの一戦。
 第1セット序盤、きんでんはセッター毛利の巧みなトスワークや和治のアタック等でリードを広げる。中盤、兵庫は井上のサーブで食らいつくが、きんでんのブロックが冴え、第1セットはきんでんが先取する。
 第2セット、序盤は両チーム共にセンターからの攻撃を軸に一進一退の攻防を繰り広げる。中盤以降、きんでんの和冶、田畑らのアタックや途中出場の山本の活躍でリードを広げ、第2セットもきんでんが取った。
 第3セット、きんでんはこれまでの勢いをそのままにセッター毛利の相手ブロックに的を絞らせないトスワークで、序盤から大きくリードする。対する兵庫も白川らのアタックで点を取るものの、きんでんの勢いを抑えきれず、セットカウント3-0できんでんが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 川合 凌平