V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
754
[開催日]
2018/01/21
[会場]
生駒市民体育館
[観客数]
220
[開始時間]
14:30
[終了時間]
16:08
[試合時間]
1:38
[主審]
上土谷 政高
[副審]
竹川 貴之

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ: 丹下 雅行
通算ポイント: 12
通算: 3勝8敗
1

ポイント
0
27 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:25】
25
15 第3セット
【0:19】
25
19 第4セット
【0:23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

長野GaRons

監督: 北沢 健
コーチ:
通算ポイント: 14
通算: 5勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

ホームゲーム2日目、どうしても勝ちたい試合でした。前回3-0で勝利していた長野GaRonsだったが、やはり実力のあるチームに続けて勝つことの難しさとチームの若さを痛感させられた。まだまだ試合は続くので切り替えて戦い臨みたい。本日も多くの応援ありがとうございました。

27 石渡
()

()
清水
()
藤井
()
25

()
下町
(岩田)
浅岡(一)
(岩井)
春日
(坂口)
南本
(久堀)
西原
()
松橋
()
渡邉
(青木)
小寺 (足立) リベロ 浅岡(真)
23 石渡
()

()
清水
()
藤井
()
25

()
下町
(岩田)
浅岡(一)
(岩井)
春日
(坂口)
南本
(久堀)
西原
()
松橋
()
渡邉
(青木)
小寺 (足立) リベロ 浅岡(真)
15 石渡
()

()
清水
()
藤井
()
25

()
下町
()
浅岡(一)
(岩井)
春日
()
南本
()
西原
()
松橋
()
渡邉
(青木)
小寺 (足立) リベロ 浅岡(真)
19 石渡
()

()
清水
()
藤井
()
25

()
下町
(岩田)
浅岡(一)
(岩井)
春日
(坂口)
南本
()
西原
()
松橋
()
渡邉
()
小寺 (足立) リベロ 浅岡(真)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

2レグの初戦は前回ストレートで敗れた奈良NBKとの一戦でした。前回の反省点を調整し挑みましたが、序盤相手のサーブにおされ対応できませんでしたが、中盤からサーブレシーブが安定し、2レグ初戦を白星でスタートする事ができました。
来週以降もチーム一丸となって頑張っていきます。たくさんの応援、ありがとうございました。

要約レポート

ホームゲームでの今シーズン初勝利を目指す奈良NBKドリーマーズ と白星を重ねたい長野GaRonsの一戦。
第1セット、中盤まで両チーム一歩も譲らずお互いに得点を重ねる展開。先に抜け出したのは奈良、碩のアタックなどで一旦はリードするも、長野GaRonsは藤井のアタックで同点に追いつき、デュースまでもつれ込む。最後は長野GaRonsの連続ミスで相手に得点を許し、奈良がセットを先取。
第2セット、序盤、長野GaRonsが 渡邉、藤井を中心とした攻撃でリードする。中盤、奈良が上のアタックなどで追いつく。終盤、長野GaRonsの攻撃が勝り奈良を引き離し、セットを取り返す。
第3セット、中盤まで両者譲らぬ攻防が続いたが、10-10から長野GaRonsが清水の攻撃などの4連続得点で流れを掴むと、一気に点差を広げ、セットを連取。
第4セット、藤井のアタックや渡邉のブロックで長野Garonsが徐々にリードを広げる。奈良は石渡のアタックなどで粘りを見せるが、長野GaRonsは粘る奈良を突き放し、見事勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 須貝 縦