V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
752
[開催日]
2018/01/21
[会場]
東川小学校体育館
[観客数]
787
[開始時間]
14:45
[終了時間]
15:56
[試合時間]
1:11
[主審]
浜野 陽一
[副審]
大塚 健之

ヴォレアス北海道

監督: エド クライン
コーチ: 佐藤 重芳
通算ポイント: 28
通算: 10勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
18
25 第3セット
【0:23】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督: 古家 康隆
コーチ: 上田 日登
通算ポイント: 15
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

昨日負けてしまったこともあり、ホームゲームで勝つことが重要でした。
昨日とは少しラインアップを変えたことで良く機能したと思います。
相手チームに対しての準備もしっかり出来たと思います。
今日は3セットを通して気を抜かず安定したバレーをお見せ出来たと思います。
昨日よりエラーを減らせたことも勝因だと思います。
本日も応援ありがとうございました。

25 佐々木
()

()
藤原
(関根)
大町
(大井手)
17
倉内
()
加藤
(山本)
村松
()
荒木
(吉岡)
山口
()
家近
()
浅野
()
齋藤
()
白石 リベロ 市川 (冷水)
25
()
加藤
(山本)
藤原
(関根)
大井手
()
18
佐々木
()
家近
()
村松
(柳澤)
荒木
()
倉内
()
山口
()
浅野
()
齋藤
()
白石 リベロ 市川 (冷水)
25 佐々木
()

()
藤原
(柳澤)
大井手
()
19
倉内
()
加藤
(山本)
大町
()
吉岡
()
山口
()
家近
()
浅野
()
関根
(篠田)
白石 リベロ (冷水)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

こちらに流れが全く来ない展開になってしまった。
全力でやろうとする前の段階で抑えられたように感じます。
修正して次戦に臨みます。

要約レポート

前日のゲームで、ともにフルセット負けしたヴォレアス北海道と千葉ゼルバの一戦。特にホームでの連敗を避けたい北海道にとっては、昨日の試合でミスが多かったサーブをどう修正できるかが注目された。
 第1セットの序盤は陳のスパイクが次々に決まり、8-5と北海道がリードする。その後も北海道が有利に進め、セット後半は新加入の佐々木がレフトからの強烈なスパイクで連続得点し、25-17でセットを先取した。
 第2セットは安定したサーブレシーブから加藤、倉内の速攻を軸とした攻撃を組み立てた北海道が終始リードを保つ。千葉も浅野、大井手のレフト攻撃で対抗するが、北海道が連続ブロックで得点し、25-18でセットを連取した。
 第3セット、千葉は先発メンバーを入れ替えて流れをつかもうとするが、北海道は佐々木と陳の攻撃で千葉にこれままでの良い流れを渡さない。このセットも終始リードし25-19で取り、3-0で北海道が勝利をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山田 通孝