V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
706
[開催日]
2017/11/19
[会場]
鷹栖町総合体育館
[観客数]
472
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:08
[試合時間]
1:08
[主審]
大塚 健之
[副審]
佐藤 美里

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
21
25 第3セット
【0:21】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

長野GaRons

監督: 北沢 健
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1年間練習してきたことができたと思います。サーブの精度を高め、来週のゲームに臨みます。
 本日も応援いただき、ありがとうございました。

25 田畑
(新谷)
和治
()
清水
()
藤井
()
18

(内園)
黒木
(尾松)
浅岡(一)
()
春日
()
毛利
()
岡本
()
松橋
()
渡邉
(青木)
長濱 リベロ 夏目
25 田畑
(新谷)
和治
()
清水
()
藤井
()
21

()
黒木
(尾松)
浅岡(一)
()
春日
()
毛利
()
岡本
()
松橋
()
渡邉
(岩井)
長濱 リベロ 夏目
25 田畑
(新谷)
和治
()
清水
()
藤井
()
18

(平田)
黒木
(尾松)
浅岡(一)
(岩井)
春日
()
毛利
()
岡本
()
松橋
()
渡邉
(田中)
長濱 (大賀) リベロ 夏目

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 きんでんのサーブ・ブロックに押されミスが多く出てしまい、最後まで修正できませんでした。
 セットの中でチャンスはあったがつかむことができず、今後の課題となりました。
 来週は須坂市でホームゲームが行われるのでベストを尽くしたいと思います。
 初めての北海道大会でしたが、とても温かい応援いただきありがとうございました。

要約レポート

 第1セットは、両チーム互角の展開になり、長野GaRonsも連続得点などでリードする場面もあったが、きんでんトリニティーブリッツが先に8点目を決め、8対7でファーストテクニカルタイムアウト。その後はきんでん・塩のブロックから連続得点を重ね、16対12でセカンドテクニカルタイムアウトを迎えた。その後もリードを守り、最後はきんでん・黒木がアタックを決め、25対18で第1セットを先取した。
 第2セットはきんでん・和治の1枚ブロックやブロード攻撃などを中心にリードを重ね、きんでんリードのままファーストテクニカルタイムアウトを迎えた。長野はサーブミスなどで流れに乗れず、その後もきんでんがリードを保ち、25対21で取った。
 第3セットもきんでんがリードするが、長野・藤井のサーブを中心に反撃する。しかし、その後はきんでんの多彩な攻撃で連続得点を重ね、25対18で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 林 潤一