V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
702
[開催日]
2017/11/18
[会場]
鷹栖町総合体育館
[観客数]
841
[開始時間]
15:50
[終了時間]
17:22
[試合時間]
1:32
[主審]
早坂 行博
[副審]
大塚 健之

ヴォレアス北海道

監督: エド クライン
コーチ: 佐藤 重芳
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:28】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
22
28 第3セット
【0:31】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 誕生したばかりのチームとして、初めての公式戦。大勢のお客様の前でプレッシャーのかかる中で選手は良くやってくれました。
 試合も常にアグレッシブに、そしてチームの約束事をしっかり守りながら良いプレーをしてくれました。
 まだまだ成長し続けていきたいと思います。本日は応援ありがとうございました。

25 古田
()
加藤
()
岡本
()
毛利
()
22
家近
()

()
黒木
(尾松)

(内園)
田城
()
中村
()
福吉
()
田畑
(新谷)
白石 リベロ 長濱
25 家近
()
古田
()
岡本
()
毛利
()
22
田城
()
加藤
()
黒木
(尾松)

(内園)
中村
()

()
福吉
(和治)
田畑
(新谷)
白石 リベロ 長濱
28 古田
(山口)
加藤
(山本)
岡本
()
毛利
()
26
家近
()

()
黒木
(内園)

(尾松)
田城
()
中村
(野坂)
和治
()
新谷
(田畑)
白石 リベロ 長濱

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 試合全体を通して相手のサーブに押された。途中からこちらも強いサーブを打つようにしたが、勝負所で点を取れなかった。
 きんでんらしさが出し切れていないと思う。
 リーグ戦は始まったばかりなので明日に切り替えていきたいと思います。

要約レポート

 第1セットはきんでんトリニティーブリッツの序盤の攻撃が冴え、8対4でファーストテクニカルタイムアウト。その後ヴォレアス北海道が連続して得点を重ね逆転に成功し、16対11でセカンドテクニカルタイムアウトを迎えた。その後はきんでんが盛り返すも25対22で北海道が第1セットを先取した。
 第2セットは北海道がサーブの際に得点を重ねリードした。きんでんも地力を発揮し後半は1点を争う展開となったが、このセットも北海道が25対22で取った。
 第3セットも第2セットの後半と同様に1点を争う展開となった。きんでん・和治のスパイクを北海道・田城がブロックするなど、北海道が有利に試合を進めた。最後はきんでんのスパイクがアウトになり、28対26で北海道が記念すべき開幕戦に勝利した。
 北海道のホームゲームのデビュー戦ということもあり、ホームの大声援を背に北海道が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山田 通孝