V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
779
[開催日]
2018/02/18
[会場]
JFE体育館
[観客数]
220
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:12
[試合時間]
2:12
[主審]
早坂行博
[副審]
小田川倫之

千葉ゼルバ

監督: 古家 康隆
コーチ: 上田 日登
通算ポイント: 25
通算: 9勝8敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:27】
23 2

ポイント
1
16 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:24】
20
24 第4セット
【0:26】
26
18 第5セット
【0:21】
16

【 】内はセット時間

近畿クラブスフィーダ

監督: 森田 亜貴斗
コーチ: 高橋 幸造
通算ポイント: 33
通算: 11勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の勝利に引き続き、2連勝という形で千葉大会を終えることができました。
 相手の高さに終始苦戦しましたが、持ち味の全員バレーで勝利を掴めたことはとても大きく、最終戦に向けてのモチベーションにつながったと思います。
 千葉大会、2日間のお応援ありがとうございました。たくさんの声援を励みに最後まで頑張ります。

25 中野
()
村松
()
川口
(東野)
谷口
()
23
浅野
()
大町
(柳澤)
中川
(瀧元)
庄司
()
荒木
()
藤原
()
小林(空)
()
米澤
()
市川 リベロ
16 浅野
(大井手)
中野
()
川口
(東野)
谷口
()
25
荒木
(吉岡)
村松
()
中川
(瀧元)
庄司
()
藤原
(関根)
大町
()
小林(空)
()
米澤
()
市川 リベロ
25 中野
()
村松
()
川口
(東野)
谷口
()
20
浅野
()
大町
()
中村
(瀧元)
庄司
(梶野)
荒木
()
藤原
(柳澤)
小林(空)
()
米澤
()
市川 リベロ
24 浅野
()
中野
()
米澤
()
谷口
()
26
荒木
()
村松
()
川口
(瀧元)
庄司
(梶野)
藤原
(吉岡)
大町
(大井手)
小林(空)
()
東野
(中村)
市川 リベロ
18 中野
()
村松
()
米澤
()
谷口
()
16
浅野
()
大町
(大井手)
川口
(瀧元)
庄司
(梶野)
荒木
()
藤原
(柳澤)
小林(空)
()
東野
(中村)
市川 リベロ

監督コメント

 昨日の流れから立て直したが、集中力、メンタルの弱さが出てしまい、接戦を取ることができなかった。今後チームの課題が明確になったので、迷わず進んでいきたい。また、来週の試合に臨んでいきますので、応援の程よろしくお願いします。

要約レポート

 首位戦線に残るためには連敗は避けたい近畿クラブスフィーダとホームで訪れたファンのためにも連勝を届けたい千葉ゼルバの一戦。
 近畿クラブ22番川口の高いスパイクに千葉は、リーグナンバー1の返球率を誇る安定したサーブカットからセッター荒木は両サイドへの速い攻撃で応戦する。終盤千葉・荒木の2連続サービスエースでリードし、第1セットを制した。
 第2セット近畿クラブ・川口、小林(空)の強いサーブが序盤からリードを広げる展開。追いつきたい千葉は村松、大町のスパイクで点差を詰めるも、最後は小林(空)のスパイクで近畿クラブがセットを制した。
 第3セット千葉がリードする展開となる。近畿クラブは小林(空)のスパイクや途中出場の東野のスパイクで点数を詰めるも、柳澤のサービスエースや中野のブロックから勢いにのった千葉がセットを制した。
 第4セット中盤中野のブロック、村松のスパイクで千葉がリードを広げるも近畿クラブは川口のブロック、東野のサービスエースで勢いを取り戻す。最後は小林(空)のサービスエースで近畿クラブがイーブンに戻す。
 最終セット、千葉・中野と藤原のブロックで点数をリードするも、米澤のサービスエースで近畿クラブが先にマッチポイントを握る。千葉はデュースまで持ち込み、最後は浅野の気持ちの入った連続スパイクが決まり、千葉がホームを2連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 藤原 信一