V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
774
[開催日]
2018/02/17
[会場]
JFE体育館
[観客数]
250
[開始時間]
15:25
[終了時間]
17:09
[試合時間]
1:44
[主審]
早坂行博
[副審]
赤鳥健太郎

千葉ゼルバ

監督: 古家 康隆
コーチ: 篠村 朋樹
通算ポイント: 23
通算: 8勝8敗
3

ポイント
3
23 第1セット
【0:25】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
21
25 第3セット
【0:20】
17
25 第4セット
【0:25】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 吉江 仁也
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットは、スパイクを打っても決まらず、ミスを重ね、自滅してしまった。
 第2セットから流れを変えるために、ローテーションを変え、センター藤原を投入し、良い雰囲気が持続したまま勝利することができました。
 皆様のゼルバコールはとても力になりました。明日も応援よろしくお願いいたします。

23 浅野
()
中野
()
岩阪
()
松本
()
25
荒木
(柳澤)
村松
(吉岡)
持冨
()
大楽
()
齋藤
()
大町
()
北崎
()
大貫
()
市川 リベロ 高木
25 浅野
()
藤原
(関根)
岩阪
()
松本
()
21
荒木
(柳澤)
村松
(吉岡)
持冨
()
大楽
()
中野
()
大町
()
北崎
(藤井)
大貫
()
市川 リベロ 高木
25 荒木
(柳澤)
浅野
()
北崎
()
持冨
()
17
中野
()
藤原
()
大貫
()
岩阪
()
大町
(大井手)
村松
(吉岡)
大楽
()
松本
()
市川 リベロ 高木
25 浅野
()
藤原
(関根)
岩阪
()
松本
()
20
荒木
()
村松
()
持冨
()
大楽
(槌尾)
中野
()
大町
(大井手)
北崎
(藤井)
大貫
()
(冷水) リベロ 高木

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セットは相手チームの集中力が欠けているところにつけ込む状態で先取することができた。
 しかし第2セット以降は消極的なプレーから自らのミスを発生させてゲームを壊し、リードされると追いつけない展開で、力不足、闘争心の弱さを露呈してしまった。
 会場ではたくさんのチビッ子が応援してくれて感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 地元の応援を背にホームゲームを勝利で飾りたい千葉ゼルバと東京トヨペットグリーンスパークルの1戦。
 第1セット、東京トヨペット・岩阪、大貫の両センターのブロックが冴え、大楽のスパイクも決まり、このセットを先取する。
 第2セット、千葉は浅野、村松のスパイクで優位に進めると、藤原のブロックと柳澤のスパイクも決まり、セットカウントを対にする。
 第3セット、中盤まで2点差以上離れない接戦が続いたが、千葉の村松、藤原のブロックで連続得点を重ね、このセットを奪う。
 第4セット、千葉はリベロ冷水の安定したレシーブに司令塔・荒木のトスが冴え、浅野、大町、村松がスパイクで応える。最後は村松のスパイクが東京トヨペットのコートに決まり、ホームゲームを勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 長谷川 雅昭