V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
771
[開催日]
2018/02/04
[会場]
須坂市市民体育館
[観客数]
350
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:40
[試合時間]
1:40
[主審]
木下 智宏
[副審]
林 康彦

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ: 近藤 孝則
通算ポイント: 20
通算: 7勝8敗
1

ポイント
0
23 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:24】
20
21 第4セット
【0:23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ヴォレアス北海道

監督: エド クライン
コーチ: 佐藤 重芳
通算ポイント: 31
通算: 11勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートからムード良く入りゲームを行えましたが、相手のサーブに崩され、単調な攻撃になってしまい、流れをつかむことができませんでした。
 本日も応援いただきましたサポーター、ファンの皆様ありがとうございました。

23 工藤
()
榎本
(與崎)
佐々木
()
山口
()
25
三浦
()
倉田
()
加藤
()
田城
()
荻野
()
田尻
(奥田)

()
家近
()
浅岡 (早瀬) リベロ 白石
18 三浦
()
工藤
(與崎)
佐々木
()
山口
()
25
荻野
()
榎本
()
加藤
()
田城
()
田尻
()
倉田
()

()
家近
()
浅岡 リベロ 白石
25 榎本
()
倉田
()
佐々木
()
山口
()
20
工藤
()
田尻
(奥田)
加藤
()
田城
()
佐藤
(三浦)
荻野
()

()
家近
()
浅岡 リベロ 白石
21 榎本
()
倉田
(佐藤)
佐々木
()
山口
()
25
工藤
()
田尻
()
倉内
()
田城
()
三浦
()
荻野
(清水)

()
家近
()
浅岡 リベロ 白石

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日より良いバレーが出来ました。
アタックも昨日よりもしっかりと機能しました。3セット目は東京ヴェルディさんが粘り、なかなか決めさせてもらえませんでしたが、しっかり4セット目で取返し、勝利できました。また、今日はブロックが機能し、いい流れが取れたと思います。次の試合に向けてもしっかり準備していきます。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 第2レグに入り、1勝3敗と苦しい戦いが続くヴォレアス北海道と昨日の敗戦を取り戻し、勝ち星を先行したい東京ヴェルディとの一戦。
 第1セット、終盤まで2点差以上離れない接戦が続いたが、最後は北海道が抜け出し25-23でこのセットを奪取。
 第2セット、序盤こそ東京ヴェルディがリードして試合が進むが、中盤から北海道が相手のミスにも助けられ徐々に点差を広げていく。終盤は北海道の粘り強いブロックから、確実にスパイクを決め2セットを連取した。
 第3セット、後がない東京ヴェルディは、序盤リードを許すもじりじりと追いつく。終盤には工藤の連続サービスエース、三浦のサーブから相手を崩し、連続ブロックなどで得点を重ね、このセットをものにした。
 第4セット、北海道は効率良くブロック、サービスエースで得点を重ね、要所では陳が確実にスパイクを決めて、追いすがる東京ヴェルディを突き放し、25-21でこのセットを奪い、セットカウント3-1で勝利した。
 北海道は、昨日の課題を修正し安定感のある試合展開で貴重な1勝を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鏡味 照明