V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
763
[開催日]
2018/01/28
[会場]
猪名川町文化体育館(イナホール)
[観客数]
100
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:40
[試合時間]
1:40
[主審]
弘中 秀治
[副審]
清水 弘也

兵庫デルフィーノ

監督: 岩本 正吾
コーチ:
通算ポイント: 13
通算: 4勝9敗
1

ポイント
0
19 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:20】
25
25 第3セット
【0:21】
16
22 第4セット
【0:27】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ: 近藤 孝則
通算ポイント: 20
通算: 7勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 厳しいゲームでした。
 1,2セットと東京ヴェルディの強いサーブに押されて何もできないままでした。
 3セット目、白川のサーブから走ることができたが、4セット目は追い付けず悔しい結果となってしまった。今シーズン最後のホームでのゲームだったが、本当にありがとうございました。

19 田中
(玉嶋)
奥長
(壇)
倉田
()
奥田
(清水)
25
今村
(太田)
白川(佑)
(井上)
山下
()
榎本
(中村)

(山本)
納庄
()
工藤
()
三浦
()
中野 リベロ 浅岡
19 奥長
(山本)
白川(佑)
(井上)
奥田
(田尻)
榎本
()
25
田中
(太田)
納庄
()
倉田
()
三浦
(佐藤)
今村
(秦)

()
山下
(中村)
工藤
()
中野 リベロ 浅岡
25 納庄
()
山本
()
倉田
()
奥田
(田尻)
16
井上
()
白川(佑)
()
榎本
()
中村
()
玉嶋
()
田中
()
工藤
()
三浦
()
中野 リベロ (早瀬)
22 納庄
()
山本
()
田尻
(奥田)
榎本
()
25
井上
()
白川(佑)
(壇)
倉田
()
三浦
(佐藤)
玉嶋
(奥長)
田中
(太田)
山下
()
工藤
()
中野 リベロ (早瀬)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サーブで攻め、ブロックとレシーブの関係から攻撃につなげることができ、勝利することができました。
 本日も応援いただきましたサポーター、ファンの皆様ありがとうございました。

要約レポート

 地元開催を何としても勝利で飾りたい兵庫デルフィーノと勝ち星を増やして上位進出を狙う東京ヴェルディの一戦。
第1セット、東京ヴェルディは奥田のトスが冴え、倉田、三浦のスパイクが決まりリードする。中盤、兵庫は、納庄の高いブロックや白川の巧みな攻撃で応戦するが及ばず、東京ヴェルディがこのセットを先取した。
 第2セット、勢いに乗る東京ヴェルディは倉田のサービスエース、工藤の高さのある攻撃で得点を重ねた。兵庫は、セッター井上のトスを田中や秦が決め得点する。しかし、東京ヴェルディが途中交代した佐藤のサービスエースでこのセットも連取した。
 第3セット、兵庫は、白川のサービスエースで連続得点し、大量のリードをする。更に兵庫は、セッター井上が田中、納庄の高さをうまく引き出し、得点する。終盤も白川のサービスエースでこのセットを取る。
 第4セット東京ヴェルディは、田尻のサーブで連続得点する。中盤、兵庫は、田中のブロックで得点し追いつく。その後一進一退の攻防で両チーム譲らず。激しい打ち合いと素晴らしいレシーブのラリーが見られた。この均衡を東京ヴェルディが抜け出しセットを取り、セットカウント3-1で兵庫に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 森岡 伸次