V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
736
[開催日]
2017/12/10
[会場]
芝運動公園総合体育館
[観客数]
200
[開始時間]
15:30
[終了時間]
16:43
[試合時間]
1:13
[主審]
上土谷 政高
[副審]
竹川 貴之

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 19
通算: 6勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
20
25 第3セット
【0:23】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ:
通算ポイント: 12
通算: 4勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 3セットを通じて、サーブを攻め続けたことで、きんでんのバレーの展開になった。途中でサーブミスが続いたが、選手が工夫したサーブに切り替えしてくれたので、危なげないゲームを作れたと思います。ブロックとレシーブの関係も昨日よりいい形に出来た。これらの精度を試合を重ねるごとに高めていきたいと思います。
ホームゲームで連勝できたことに安心せず、1月からのゲームも気を引き締めて臨みます。
本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

25 田畑
(新谷)
和治
()
與崎
()
田尻
()
18

(尾松)
黒木
()
長澤
()
荻野
(清水)
毛利
()
岡本
()
榎本
()
三浦
()
長濱 リベロ 浅岡 (早瀬)
25 田畑
()
和治
()
田尻
()
荻野
(中村)
20

(尾松)
黒木
(内園)
與崎
()
三浦
(佐藤)
毛利
()
岡本
()
長澤
(清水)
榎本
()
長濱 リベロ 浅岡
25 田畑
(新谷)
和治
()
與崎
()
田尻
(奥田)
18

(福吉)
黒木
(内園)
長澤
()
山下
(清水)
毛利
()
岡本
()
榎本
()
三浦
(佐藤)
長濱 リベロ 浅岡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 スタートからムード良く入る事が出来ましたが、あと一歩波に乗り切れず、勝つ事が出来ませんでした。次に向け準備をしていきたいと思います。
本日も応援していただきましたサポーター、ファンの皆様、ありがとうございました。

要約レポート

 現在2位のきんでんトリニティーブリッツと3位の東京ヴェルディとの今後を占う大事な一戦。
第1セット、ミスの少ないきんでんが、岡本、和治を中心に得点を重ね、最後は東京ヴェルディのパワフルなスパイクを長濱の好レシーブからの攻撃に繋げセットを先取する。
第2セット、拮抗した試合展開。きんでんの和治のスパイクが躍動し、失点後もすぐに取り返すことで、じわじわと追い上げる東京ヴェルディを振り切り連取。
第3セット、東京ヴェルディは榎本のスパイクで点数を取るも、きんでんはセッター毛利の巧みなトスワークにより多彩な攻撃を繰り広げ、東京ヴェルディを翻弄する。東京ヴェルディは、セッターを田尻から奥田へ交代するも、連続得点に繋がらず、粘りをみせたが、きんでんが押し切り、ホームゲームでの戦いに華を添えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 上林 久子