V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
731
[開催日]
2017/12/09
[会場]
芝運動公園総合体育館
[観客数]
200
[開始時間]
15:15
[終了時間]
16:27
[試合時間]
1:12
[主審]
沢田 元
[副審]
中口 岳

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 16
通算: 5勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
16 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
23
25 第3セット
【0:22】
17
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 吉江 仁也
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

2セット目、自分たちのミスからバタついてしまい、修正しきれず相手のミスに助けられた。コートの中で会話が少なく前後の関係が100%出来ていなかったので、明日は修正して試合に臨みたいと思います。
本日は寒い中、たくさんの応援ありがとうございました。

25 田畑
()
和治
(尾松)
早川
()
持冨
()
16

()
黒木
(内園)
岩阪
()
大貫
()
毛利
()
新谷
()
大楽
()
松本
()
長濱 リベロ 高木
25 田畑
()
和治
()
早川
()
持冨
(伊藤)
23
平田
()
黒木
()
岩阪
()
宇野
()
毛利
()
新谷
()
大楽
(藤井)
松本
()
(大賀) リベロ 高木
25 田畑
(内園)
和治
()
早川
(西片)
持冨
(伊藤)
17
平田
(福吉)
黒木
()
岩阪
()
宇野
()
毛利
()
尾松
()
大楽
(藤井)
松本
()
(大賀) リベロ 高木

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

特に本日の試合はセッターの技術の差がまざまざと出た内容だった。第2セットは相手選手の連続スパイクミスから点数的には少し争った状況にはなったが、やはりゲーム全体を振り返るとチーム力もかなりの差があったように思われる。明日の試合に活かせることを全員で今晩確認しあう所存です。
寒い中、応援ありがとうございました。

要約レポート

白星を挙げたい東京トヨペットグリーンスパークルとホームゲームで勝利を目指すきんでんトリニティーブリッツの一戦。
第1セット、きんでんは和治のサーブと田畑の高さのあるアタックでリードを広げる。一方、東京トヨペットは高木のレシーブで粘りを見せるも、きんでんの高さとパワーが勝りきんでんが先取する。
第2セット、序盤から東京トヨペットは大楽のアタックと岩阪のブロックで点を重ねる。それに対しきんでんは和治と田畑のアタックで終盤まで一進一退の戦いの中、きんでんが粘り勝ちしセットを連取。
勢いに乗るきんでんは、毛利の巧みなトス回しで次々に攻撃を重ね、第3セット目も勝利しセットカウント3-0で地元奈良で勝利を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 竜之介