V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
722
[開催日]
2017/12/02
[会場]
上板橋体育館
[観客数]
220
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:16
[試合時間]
1:11
[主審]
正岡 卓
[副審]
森山 真理子

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 吉江 仁也
コーチ: 松枝 寿明
通算ポイント: 0
通算: 0勝3敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
15 第2セット
【0:19】
25
21 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ: 加賀 博紀
通算ポイント: 12
通算: 4勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手チームに連続得点をさせてしまうきっかけを自らの些細なミスでつくりゲームを壊してしまった。泥臭く一つでも多く長いラリーを展開していかなければ1勝は難しいと、改めて勉強になった試合でした。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

21 松本
()
大楽
()
榎本
(清水)
倉田
()
25
大貫
()
岩阪
()
與崎
()
奥田
()
持冨
()
北崎
()
三浦
()
荻野
()
高木 リベロ 浅岡 (早瀬)
15 松本
(西片)
大楽
()
倉田
(佐藤)
奥田
()
25
大貫
()
岩阪
()
榎本
()
荻野
(宮田)
持冨
()
北崎
()
與崎
()
三浦
()
高木 リベロ 浅岡 (早瀬)
21 松本
(伊藤)
大楽
()
佐藤
()
田尻
()
25
宇野
()
岩阪
()
榎本
(中村)
荻野
(清水)
持冨
()
北崎
()
與崎
()
三浦
()
高木 リベロ 浅岡 (早瀬)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 スタートは我慢の展開でしたが、サーブが入り始めると、相手を崩すことができ、さらにブロックで流れを作っていくことが出来ました。
 本日も応援していただきました、サポーター・ファンの皆様ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで初勝利を上げたい東京トヨペットグリーンスパークルと大勢の応援の後押しを受けて勝利し上位浮上したい東京ヴェルディの一戦。
 第1セット、東京ヴェルディは、今リーグ初スターティングメンバーのベテラン奥田が、與崎、三浦らの攻撃陣を操り得点を重ねていく。対する東京トヨペットは、新人の北崎が思い切りのよいプレーを見せる一方、ベテランの大貫、松本が要所を締める活躍をして、中盤まで一進一退でゲームが進む。終盤、荻野のスパイクで抜け出した東京ヴェルディがそのままリードを守り、セットを先取する。
 第2セット、サーブで攻める東京ヴェルディが、榎本の連続サービスエースで終盤リードを広げる。東京トヨペットは、北崎のスパイク、持冨のサービスエースで追撃するも、流れを呼び戻すことが出来ず、このセットも東京ヴェルディが連取する。
 第3セット、東京ヴェルディは、このセットからスターティングメンバーの田尻が引き続き好調な攻撃陣にトスを繋ぎ、着実に点数を重ねていく。後のない東京トヨペットは、大楽、キャプテンの宇野がチームを鼓舞し、長いラリーも高木の好レシーブから北崎がスパイクを決めて粘る。終盤、岩坂、北崎の連続ブロックで流れを掴んだかに見えた東京トヨペットだったが、あと一歩及ばず。東京ヴェルディがストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 利恵