V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
719
[開催日]
2017/12/02
[会場]
JFE体育館
[観客数]
150
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:20
[試合時間]
1:20
[主審]
小田川 倫之
[副審]
藤原 信一

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 12
通算: 4勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
23
25 第3セット
【0:23】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ヴィアティン三重

監督: 亀田 吉彦
コーチ: 岸本 健
通算ポイント: 4
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合はサーブレシーブが安定し、クイック中心で点を取れた。
 相手の勢いに少し押された展開もあったが、サーブで攻めていたのでその勢いにのまれることがなく、全体を通してきんでんのペースで試合ができたと思います。
 ただ、チャンスボールからの得点が全く取れていない。また、ブロックの間からぬけたボールに対して反応できていない時があり、まだまだ課題が多い。明日は修正して臨みます。
 本日も応援ありがとうございました。

25 田畑
(新谷)
和治
()
長谷川
(下井)
田中
()
21

(尾松)
黒木
(内園)
落合
(石川)
野垣
()
毛利
()
岡本
()
中村
()
長屋
()
長濱 リベロ 高野
25 田畑
()
和治
()
長谷川
(井口)
田中
()
23

(尾松)
黒木
(内園)
落合
()
野垣
()
毛利
()
岡本
()
中村
()
長屋
(石川)
長濱 リベロ 高野
25 田畑
(新谷)
和治
()
長谷川
(井口)
田中
()
21

()
黒木
(尾松)
落合
()
野垣
()
毛利
()
岡本
()
中村
()
長屋
(石川)
長濱 リベロ 高野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕戦から1週空いての2週目となりましたが、第1セット出足が悪く、そのままセットを落としました。2、3セットもサーブレシーブの返球率が三重よりもきんでんさんが上回り、クイックを中心としたバレーを展開され、ブロックが対応できませんでした。しかし、セット、点数以上に内容は悪くなく、三重はチャレンジャーなので下を向かず明日のゲームも頑張ります。
 千葉のキッズ、小中高校生をはじめ沢山の声援を頂き、本当にありがとうございました。

要約レポート

 前回勝利し勝点をあげ、連勝して波に乗りたいヴィアティン三重と連勝中で波に乗っているきんでんトリニティーブリッツとの一戦。
 第1セット、序盤はお互い一進一退の攻防を繰り広げるが、途中きんでん和治のブロックとスパイクにより4連続得点。三重はタイムアウトから立て直し、中村のスパイクなどで粘りを見せる。しかし、きんでんのブロックにより第1セットを先取する。
 第2セット、序盤は三重・落合の活躍でリードするが、きんでん・塩の攻撃により追いつき一進一退の攻防を繰り広げる。最後はきんでん・塩のブロックとクイックで突き放し、第2セットもきんでんが勝利する。
 第3セットも三重・田中、落合と、きんでんの和治、黒木などを中心に白熱した試合を見せ終盤までお互い譲らない展開となったが、最後はきんでん岡本や毛利の活躍で連続得点を重ねてセットポイント3-0できんでんが試合をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 髙橋 大輔