V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
715
[開催日]
2017/11/26
[会場]
須坂市市民体育館
[観客数]
385
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:01
[試合時間]
2:01
[主審]
中島 俊昌
[副審]
木下 智宏

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ: 浅岡 寿郎
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【0:25】
21 3

ポイント
2
22 第2セット
【0:25】
25
18 第3セット
【0:22】
25
25 第4セット
【0:23】
23
6 第5セット
【0:14】
15

【 】内はセット時間

ヴォレアス北海道

監督: エド クライン
コーチ: 佐藤 重芳
通算ポイント: 11
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 全勝対決ということで、全員で臨みました。一進一退の攻防が続き、長いラリーとなる場面もありましたが一歩及ばず勝つ事が出来ませんでした。
 本日も応援頂きました、サポーター、ファンの皆様ありがとうございました。

25 與崎
()
中村
(宮田)

()
山口
(野坂)
21
三浦
()
倉田
()
加藤
(山本)
田城
()
荻野
(清水)
田尻
()
古田
(中村)
家近
()
早瀬 (浅岡) リベロ 白石
22 三浦
()
與崎
()

()
山口
(野坂)
25
荻野
(清水)
中村
(中田)
加藤
(山本)
田城
()
田尻
()
倉田
()
古田
(中村)
家近
()
早瀬 (浅岡) リベロ 白石
18 與崎
()
中村
()

()
山口
(野坂)
25
三浦
()
倉田
()
加藤
()
田城
()
荻野
(中田)
田尻
(清水)
古田
(中村)
家近
()
早瀬 (浅岡) リベロ 白石
25 三浦
()
與崎
()

()
山口
(中村)
23
荻野
(宮田)
長澤
()
加藤
()
田城
(山本)
奥田
()
倉田
()
古田
()
家近
()
早瀬 (浅岡) リベロ 白石
6 三浦
()
與崎
()

()
中村
()
15
荻野
(宮田)
長澤
()
加藤
()
田城
(山本)
奥田
(田尻)
倉田
()
古田
(野坂)
家近
()
早瀬 (浅岡) リベロ 白石

監督コメント

 ベストプレーはお見せできませんでしたが、勝利できてよかったです。
1セット目は東京ヴェルディのサーブにやられサイドアウトポイントがなかなか取れませんでした。
2、3セット目は、ブロック、サーブ、ブレイクポイントとしっかりと約束事を守ってできたと思います。その後も集中力を切らさずプレーできたと思います。
 今後も進化しつづけます。

要約レポート

 お互いに開幕から3連勝している東京ヴェルディとヴォレアス北海道の好調なチーム同士の一戦。
 第1セット、出だしから勢いに乗る東京ヴェルディが倉田のサービスエースなどで8-4とリード。北海道も古田のスパイク、陳のブロックなどで応戦するも逆転には至らず、東京ヴェルディが押し切った。
 第2セット、落ち着きを取り戻した北海道が終始リードを保ち試合が展開。中盤、東京ヴェルディも1点差に追い上げるが、北海道が逃げ切りセットカウント1-1となる。
 第3セット、出だしこそ東京ヴェルディがリードしたが、北海道はすぐに追いつくと一気に抜け出し25-18で連取。
 第4セット、北海道が序盤からリードし、このまま押し切るかと思われたが、東京ヴェルディも相手の乱れに乗じてリズムを取り戻し、終盤接戦に持ち込みこのセットを奪いフルセットに持ち込んだ。
 第5セット、北海道の家近が序盤からスパイク・ブロックに活躍。終始北海道ペースを保ち15-6で全勝対決を勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鏡味 照明