V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
710
[開催日]
2017/11/19
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
132
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:05
[試合時間]
1:20
[主審]
新田 浩幸
[副審]
森山 真理子

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ: 加賀 博紀
通算ポイント: 5
通算: 2勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
19
25 第3セット
【0:25】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ: 丹下 雅行
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日はスタートからムードよく入れ、サーブで相手を崩し、ブロックで得点を重ねる事が出来た。また来週に向け調整を行っていきたいと思う。
 応援していただいたサポーター、ファンの皆様、ホームゲームを大いに盛り上げていただきありがとうございました。

25 三浦
()
與崎
()
西原
()
南本
(下町)
20
荻野
(清水)
榎本
(工藤)
久堀
(岩田)

()
田尻
()
倉田
()

()
石渡
()
浅岡 (早瀬) リベロ 小寺
25 與崎
()
榎本
(佐藤)
西原
()
南本
()
19
三浦
()
倉田
()
久堀
(古牧)

()
荻野
(宮田)
田尻
(清水)

()
石渡
()
浅岡 (早瀬) リベロ 小寺 (足立)
25 三浦
()
與崎
()
西原
()
南本
(下町)
22
荻野
(佐藤)
榎本
(長澤)
久堀
(岩田)

()
田尻
(清水)
工藤
()

()
石渡
()
浅岡 (早瀬) リベロ 小寺 (足立)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕戦2連戦は2連敗という残念な結果になってしまった。若いチームなので一つ一つ成功体験を積み重ねてリーグを通じて成長していくようにしていきたい。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームを連勝で飾りたい東京ヴェルディと粘り強いプレーで今日こそ勝利を収めたい奈良NBKドリーマーズの一戦。
 第1セット、序盤は一進一退の攻防から、東京ヴェルディは三浦がサービスエース、倉田がスパイクを決めてリードし、その後も、田尻のサーブで奈良のレシーブを崩し、点差を拡げる。対する奈良は、上のアタックで連続得点し追撃する。終盤、小寺、石原、南本が粘り強く繋げたボールを、西原、上がスパイクを決め猛追する奈良だったが、榎本のサービスエース、荻野のブロックなどでリードを保った東京ヴェルディがセットを先取する。
 第2セット、波に乗れない奈良を、東京ヴェルディは、與崎、三浦、荻野がスパイクを決め突き放す。奈良は碩、西原、小牧がスパイクやブロックを決め、反撃の糸口を掴もうとするが、流れを変えることが出来ず、東京ヴェルディがセットを連取する。
 第3セット、東京ヴェルディは、早瀬、浅岡の献身的なレシーブを、田尻が冷静なトスを上げて攻撃陣を操り、得点を重ねていく。後がない奈良は、全員で懸命に繋いで粘りを見せるが、追いつくことが出来ない。工藤、長澤らの若手が躍動し、終始、試合をリードした東京ヴェルディが、上のスパイク、サービスエースで意地を見せる奈良を振り切って勝利し、観客の熱い声援に応えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 利恵