V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
708
[開催日]
2017/11/19
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
105
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:14
[試合時間]
1:14
[主審]
勝又 禎蔵
[副審]
及川 千春

近畿クラブスフィーダ

監督: 森田 亜貴斗
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:23】
25
18 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ヴィアティン三重

監督: 亀田 吉彦
コーチ:
通算ポイント: 4
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日のペースをもって臨んだが、スタートから立て続けに失点してしまった。最後まで流れを作れなかった。第2セットからは選手が負傷してしまい、メンバーを入れ替えなければならない事態となってしまった。相手の粘り強い繋ぎに負かされた感じだった。まだ始まったばかりなのでチームを立て直してリーグ戦に臨みたい。
 本日もあたたかい声援をいただきありがとうございました。

19 桑原
()
山本(映)
(北村)
長谷川
(下井)
田中
()
25
河戸
(梶野)
岩本
(柿木)
落合
(石川)
野垣
()
中田
()
本多
()
中村
()
長屋
()
大原 リベロ 打田 (高野)
20 桑原
(本多)
山本(映)
()
長谷川
(下井)
田中
()
25
河戸
()
岩本
(柿木)
落合
(石川)
野垣
(岸)
中田
()
北村
()
中村
()
長屋
()
大原 リベロ 打田 (高野)
18 桑原
()
山本(映)
()
長谷川
()
田中
()
25
河戸
()
岩本
(柿木)
落合
()
野垣
(吉田)
中田
(梶野)
北村
(本多)
中村
(石川)
長屋
(下井)
大原 リベロ 打田 (高野)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 Vリーグ初勝利!本当に嬉しく思う。ゲームは苦しい場面が数回あったが、なんとか拾って繋いで連続失点を防ぐ事が出来た。昨日は第3試合目で、フルセット負けし、今日は第1試合という、ハードなスケジュールだったが、選手は大きな声を出し、雰囲気良くバレーをしてくれた。
 リーグは長く初経験なので、これからも苦しい場面が出てくるとは思いますが、全員でバレーボールを楽しみ、観に来て頂いた方々にも楽しんでもらえるようプレーしていきたいと思います。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕戦に勝利した近畿クラブスフィーダと惜敗したヴィアティン三重との一戦。
 第1セット、三重は落合のブロックやスパイクでリードする。近畿は河戸のスパイクで応戦するも、序盤のリードを保った三重が先取した。
 第2セット、近畿・山本(映)のスパイクと河戸のブロックでリードする。しかし、三重・中村のスパイク、長谷川の効果的なブロックで逆転し、落合のサーブが近畿のレシーブを崩して長屋のダイレクトスパイクが決まる。さらに中村・田中が続き、三重が連取した。
第3セット、波に乗った三重は中村・落合を中心にスパイクがコートに突き刺さる。一方近畿は本多が負けじと応戦するが、三重の勢いは止まらない。リベロ高野の好レシーブから野垣の巧みなトス回しで近畿ブロック陣を翻弄し、中村のアタックが決まり勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 金廣 美喜夫