V・チャレンジリーグⅡ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
703
[開催日]
2017/11/18
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
70
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:50
[試合時間]
1:50
[主審]
古川 浩洋
[副審]
及川 千春

近畿クラブスフィーダ

監督: 森田 亜貴斗
コーチ:
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
26 第1セット
【0:28】
28 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
18
25 第3セット
【0:25】
20
25 第4セット
【0:26】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

兵庫デルフィーノ

監督: 岩本 正吾
コーチ: 白川 雅貴
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今シーズンの開幕戦を勝利で終えたのは良かったが、試合内容は反省することが数多くあり、選手の頑張りに期待したい。
 課題として取り組んできた事でできた事、改善できていない事を前向きにとらえてあとの戦いに臨んでいきたい。東京遠征はこれで終わりですが、熱い声援をいただきありがとうございました。

26 桑原
()
山本(映)
()
奥長
()
白川(佑)
()
28
河戸
(北村)
岩本
(柿木)
田中
()
大谷
()
中田
()
本多
()
白川(雅)
(仲村)
上野
()
大原 リベロ 中林
25 桑原
(北村)
山本(映)
()
白川(佑)
()
大谷
()
18
河戸
()
岩本
(柿木)
奥長
()
上野
()
中田
()
本多
()
田中
()
白川(雅)
()
大原 リベロ 中林
25 北村
()
山本(映)
(桑原)
田中
()
奥長
(仲村)
20
河戸
()
岩本
(柿木)
白川(雅)
()
白川(佑)
()
中田
()
本多
()
上野
()
大谷
()
大原 リベロ 中林 (野里)
25 北村
()
山本(映)
(桑原)
大谷
()
白川(佑)
()
22
河戸
(柿木)
岩本
()
仲村
(奥長)
白川(雅)
()
中田
(梶野)
本多
()
上野
()
田中
()
大原 リベロ 中林 (野里)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今年も開幕を迎えられた事に感謝したいです。
 1セット目は固さのみられたものの、つなぎが良く取ることが出来ました。守備の要である奥長の故障が大きくリズムを変える結果となってしまった。明日もありますので応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 Ⅴ・チャレンジリーグⅡ男子は兵庫デルフィーノと、近畿クラブスフィーダの関西対決で幕を開けた。
 第1セット、近畿クラブは桑原のサーブで3連続得点をあげると、本多のアタック、河戸のブロック、山本(映)のサービスエースでリードする。兵庫は終盤に白川(雅)、大谷、上野の3連続ブロックで同点に追いつくと、田中のブロック、奥長のアタックで逆転し、セットを先取する。
 第2セット、兵庫は白川(雅)が的を絞らせないトスワークでリードする。しかし、近畿クラブは河戸のサーブ、本多のアタック、ブロックなどで7連続得点をあげ、逆転でセットを取り返す。
 第3セット、近畿クラブが、このセットスターティングの北村、山本(映)のアタックでリードする。兵庫も白川(佑)のブロック、サーブで取り返し、一進一退でゲームは進む。中盤、近畿クラブは北村、本多のアタックでリードし、セットを連取する。
 第4セット、序盤に近畿クラブは中田、本多のサーブで相手を崩しリードする。兵庫は大谷のサーブで2点差まで追撃するが、近畿クラブが本多のアタックで逃げ切り、森田監督が就任初の試合を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江