V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
568
[開催日]
2018/02/04
[会場]
美浜町総合公園体育館
[観客数]
484
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:19
[試合時間]
1:19
[主審]
有乗 正志
[副審]
野村 恒人

警視庁フォートファイターズ

監督: 井上 人哉
コーチ: 鈴木 雅史
通算ポイント: 24
通算: 9勝9敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
21
25 第3セット
【0:25】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 14
通算: 4勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の戦いから、本日も良い流れでゲームに入ることができた。しつこく拾って、次の展開へと繋げることが、自分達の持ち味であるので精度を磨き、今後の試合へも活かしていきたいと思います。
 1週間空き週がありますが次戦はホームゲームなのでチャレンジャー精神をしっかりと持ち、挑戦していきたいと思います。
 福井の皆さま、2日間あたたかい声援ありがとうございました。チームの力になりました。

25 河西
()
加藤
(佐藤)
石井
()
石田
(伊元)
18
小川(功)
()
中村
()
川畑
(加藤)

()
阿部
(冨吉)
中道
()
小島
()
金丸
()
石川 リベロ 川崎
25 小川(功)
()
河西
()
石井
()
石田
(伊元)
21
阿部
(佐藤)
加藤
()
川畑
(加藤)

()
中道
()
中村
()
小島
()
金丸
()
石川 リベロ 川崎
25 河西
()
加藤
()
石井
(伊元)
大和田
()
18
小川(功)
()
中村
()
川畑
(加藤)

()
阿部
(進藤)
中道
()
小島
()
金丸
()
石川 リベロ 川崎 (高橋)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日に続き0対3の敗戦。メンバーを一新して臨んだが、大事な場面で粘り負け。
 やはりブロック力、サーブ力がもう一段上がらないと勝てない。 要所で出る良いプレーが続けられるようになれば、今の状況を打破できると思う。
 何とかレシーブ力を鍛え上げて残りゲームを勝利できるように頑張ります。
 今後とも応援よろしくお願いします。

要約レポート

 昨日、首位の富士通に勝利し勢いに乗る警視庁フォートファイターズと、前節で警視庁にフルセットで敗れ借りを返したい埼玉アザレアとの対戦。
 第1セット序盤、警視庁はキャプテン中村、河西らのスパイクでリードする、埼玉も石井のスパイクで応戦するも、警視庁は加藤、阿部の効果的なブロックとクイックで第1セットを先取した。
 第2セット、両チーム巧レシーブからリズムを作り、セッターがトスを散らし点の取り合いとなる。警視庁小川(功)、中村のスパイク、埼玉石井のスパイクで一進一退のまま終盤をむかえるも、最後は阿部のクイックで警視庁が第2セットも連取した。
 第3セット序盤、警視庁は中村の効果的なサーブや加藤のクイックでリードする。埼玉も小島のクイック、石井のスパイクで粘りを見せるが、警視庁は中村のスパイクで突き放す。中盤、埼玉は代わって入った伊元のサーブでリズムをつかみ、小島のブロックなどで連続得点を取るが、最後は警視庁阿部、代わって入った新藤、中道のブロックと、キャプテン中村のスパイクで第3セットも取り、警視庁が福井大会を2連勝で締めくくった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山竹 良治