V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
571
[開催日]
2018/02/10
[会場]
佐久市総合体育館
[観客数]
680
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:03
[試合時間]
2:03
[主審]
中島 俊昌
[副審]
木下 智宏

大同特殊鋼レッドスター

監督: 中尾 貞治
コーチ:
通算ポイント: 21
通算: 7勝11敗
3

ポイント
2
23 第1セット
【0:23】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:26】
27
25 第3セット
【0:25】
20
25 第4セット
【0:23】
22
15 第5セット
【0:14】
10

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 15
通算: 4勝14敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、第2セットとリードするも追いつかれ、嫌なゲーム展開でしたが、途中から入った木村、田中の活躍もあり勝利することができました。
 残り少ないリーグ戦ですが、最後までレッドスターらしいバレーボールで、みなさんに喜んでもらいたいと思います。
 本日も遠方より応援ありがとうございました。

23 伊澤
(二五田)
長谷川
()
石井
()
中津
()
25
藤元
()
平野
()
川畑
(高橋)

()
辰巳
()
久保田
(赤澤)
小島
(伊元)
金丸
()
草場 (嶋田) リベロ 川崎
25 伊澤
(二五田)
長谷川
(辰巳)
金丸
()
小島
()
27
藤元
()
平野
(赤澤)

()
川畑
(高橋)
木村
()
久保田
()
中津
(伊元)
石井
()
草場 (嶋田) リベロ 川崎
25 久保田
()
木村
()

()
金丸
()
20
平野
()
田中
(川口)
中津
(加藤)
小島
(伊元)
長谷川
()
伊澤
(二五田)
石井
()
川畑
(高橋)
草場 (嶋田) リベロ 川崎
25 久保田
()
木村
()

()
金丸
()
22
平野
()
田中
(川口)
中津
()
小島
(伊元)
長谷川
()
伊澤
(二五田)
石井
()
川畑
(高橋)
草場 (嶋田) リベロ 川崎
15 久保田
()
木村
()
中津
(伊元)

(高橋)
10
平野
()
田中
(川口)
石井
()
金丸
()
長谷川
()
伊澤
(二五田)
川畑
()
小島
()
草場 (嶋田) リベロ 川崎

監督コメント

 大同特殊鋼との試合は、リーグの結果を残すのに大切な試合です。大同特殊鋼のレシーブの良さ、速い攻撃にどう対処するかが勝負を分ける試合でしたが、フルセットまで持ち込んだものの負けてしまいました。
 残り3試合となりましたが、皆様の応援これからもどうぞよろしくお願い致します。

要約レポート

 埼玉アザレア、大同特殊鋼レッドスター共に上位進出へのきっかけをつかみたい本日の試合であった。
 第1セット、序盤はお互いに硬さが見られサーブミスが目立った。中盤から埼玉・林と大同特殊鋼・辰巳との強烈なライトスパイクの打ち合いとなり、一進一退の攻防になったが、終盤から埼玉・石井のライト攻撃が効果的に決まり、このセットを先取した。
 第2セット、大同特殊鋼・辰巳に代わって木村が、ライトやバックライトの攻撃で躍動し始めた。その後も久保田の滞空力を活かした変幻自在の攻撃で序盤のリズムをつかんだかに見えたが、埼玉・石井がライト及びバックライトの攻撃から応酬し、挽回した。埼玉のミドルブロッカー小島のブロックでデュースに持ちこみ、その後も小島がセンターからのクイックを決めて大逆転に結びつけた。
 第3セット、大同特殊鋼・木村のジャンピングサーブで序盤から試合のペースを握った。埼玉も石井のライトやバックライトからの強烈なスパイクや、サウスポー伊元のジャンピングサーブで追い上げたが、大同特殊鋼・田中が要所で相手のレフト攻撃を止めるブロックやライトからの攻撃で、このセットをものにした。
 第4セット、埼玉・石井と大同特殊鋼・伊澤にトスが集まり、力のこもった打ち合いになったが、中盤から大同特殊鋼・伊澤が相手ブロックをかわして効果的に加点した。終盤では大同特殊鋼・久保田も巧打を連発し、両レフトの活躍により試合の流れを渡さなかった。
 第5セット、勢いそのまま出だしからミドルブロッカーの大同特殊鋼・平野がBクイックやブロックで活躍しはじめ、レフトの伊澤もコースを巧みに打ち分け、フルセットをものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 遠山 潤一