V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
580
[開催日]
2018/02/18
[会場]
カルッツかわさき
[観客数]
680
[開始時間]
14:10
[終了時間]
15:26
[試合時間]
1:16
[主審]
中西 幸治
[副審]
大谷 清子

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 廣本 遥
通算ポイント: 51
通算: 17勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
21
25 第3セット
【0:25】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 15
通算: 4勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 チームの最終戦をホームで勝利できたことを大変うれしく思います。今シーズンも多くのファンの皆様に支えられ、戦い抜くことができました。
 また、セレモニーでも多くの方々にお祝いいただき感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。
 今後も富士通をよろしくお願いします。

25
()
岡村
()
中津
()

()
18
岩井
()
浅野
()
茂木
()
金丸
()
横田
(後藤)
中川
()
川畑
()
小島
()
芳賀 リベロ 川崎
25 岩井
()

()
中津
(加藤)

()
21
横田
()
岡村
(志波)
茂木
()
金丸
()
中川
()
浅野
(田中)
川畑
()
小島
(石井)
芳賀 リベロ 川崎
25
()
岡村
(志波)
大和田
(笠原)
加藤
()
19
岩井
()
浅野
(田中)
茂木
(石井)
金丸
()
横田
()
中川
(柳田)
川畑
()
小島
(林)
芳賀 (丸谷) リベロ (高橋)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 昨日に引き続き、本来のアザレアのバレーが出来ず残念な結果となった。
 レシーブが上がらず、スパイクが決まらずの苦しい展開。セッターとのコンビもいまいち合わず、最後までアザレアらしいバレーが出来ずに終わってしまいました。
 最終週に向けて今シーズンの総決算となるようなゲームが出来るように、練習をします。
 最後まであきらめずに頑張ります。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 
 第1セット、富士通カワサキレッドスピリッツは浅野・中川のスパイクで5点のリードをつくる。対する埼玉アザレアも茂木・池田のアタックで応戦し、同点まで追い付く。中盤のシーソーゲームを先に抜けたのは富士通。横田のブロックで流れを掴み、岩井・岡村のスパイク、後藤のサーブなどで第1セットを先取した。
 第2セット、第1セットの勢いそのままに富士通がリードを広げる。埼玉も茂木・小島を中心とする多彩な攻撃とねばり強いレシーブで2点差まで詰め寄るが、最後は富士通のブロックが決まり、セットを取った。
 第3セット、富士通の芳賀のねばり強いレシーブ、岡村・横田のスパイクやブロックが流れをつくった。終始富士通がリードを守り、富士通が勝利した。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 阿部 美弥