V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
579
[開催日]
2018/02/18
[会場]
カルッツかわさき
[観客数]
480
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:35
[試合時間]
1:35
[主審]
浜野 陽一
[副審]
松井 孝行

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 41
通算: 13勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
18 1

ポイント
0
16 第2セット
【0:21】
25
25 第3セット
【0:23】
19
25 第4セット
【0:22】
17
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 26
通算: 8勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 サーブレシーブが乱れ失点するケースがまだ目立ちます。しかし、強みである。サーブ&ブロックで立て直す事ができ、勝利に繋がりました。
 次週はホーム最終戦、勝利できるよう、良い準備をしていきたいと思います。本日も御声援ありがとうございました。

25 米田
(石垣)
ヤカン
()
吉岡
()
東野
()
18

()
高山
(石橋)
森本
(神代)
石黒
()
藤岡
()
濱本
()
松下
()
浅川
()
矢野 リベロ 福島
16
(大西)
米田
(勝)
吉岡
()
東野
()
25
藤岡
()
ヤカン
()
森本
(神代)
石黒
()
濱本
()
高山
(石橋)
松下
()
浅川
()
矢野 リベロ 福島
25 米田
(石垣)
ヤカン
()
吉岡
()
東野
()
19
大西
(石橋)
高山
()
森本
(上坂)
石黒
()
藤岡
()
濱本
()
松下
()
浅川
(渕江(陵))
矢野 リベロ 福島
25 大西
(石橋)
米田
(石垣)
吉岡
()
東野
()
17
藤岡
()
ヤカン
()
森本
(神代)
石黒
()
濱本
()
高山
()
松下
()
浅川
(渕江(陵))
矢野 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 前日同様にチャンレンジャーとして戦いに臨みました。第2セット目のリズムを3セット目からも続けられれば、接戦にもっていけたかと思うが、サーブが弱くなり大分三好の攻撃力を助けてしまった。
 残り最後のゲームまで、チーム一丸となり戦いますので、応援よろしくお願いします。
 今日も、たくさんの声援ありがとうございました。

要約レポート

 
 大分三好ヴァイセアドラーは、ヤカン・濱本・米田の高さのある攻撃、高山・林のブロック、藤岡らのサービスエースなどで着実に得点を重ね、順調過ぎるともいえる滑り出しで第1セットを先取した。トヨタ自動車サンホークスの松下も切れのあるスパイクを決めて応戦するも大分三好の安定したプレーを崩すまでには至らなかった。
 第2セット、トヨタ自動車は森本・石黒のブロックを軸とした粘りの守備が機能し、大分三好の高さのある攻撃をことごとく拾い、東野の緻密なトスをスパイカー陣の威力あるスパイクによってあっという間にセットカウント1-1のタイに持ち込んだ。
 大分三好は、ヤカン・濱本・米田の高さのあるスパイクが再び決まりだし大西・濱本のブロックも随所で決まり、中盤以降徐々に点差を広げ第3セットを奪った。
 第4セット、トヨタ自動車は松下の精密かつ威力あるスパイクで食い下がるも、大分三好は司令塔である藤岡を中心とした多彩な攻撃システムが完璧に機能した結果、トヨタ自動車の守備を崩すことに成功し、セットカウント3-1で大分三好が勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小川 浩二