V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
578
[開催日]
2018/02/18
[会場]
武蔵野総合体育館
[観客数]
231
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:17
[試合時間]
2:17
[主審]
新田 浩幸
[副審]
赤川 孝義

警視庁フォートファイターズ

監督: 井上 人哉
コーチ: 鈴木 雅史
通算ポイント: 29
通算: 11勝9敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:20】
15 2

ポイント
1
26 第2セット
【0:29】
28
28 第3セット
【0:31】
26
22 第4セット
【0:27】
25
15 第5セット
【0:18】
13

【 】内はセット時間

つくばユナイテッドSunGAIA

監督: 都澤 みどり
コーチ:
通算ポイント: 26
通算: 9勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 つくばの強いサーブと多彩な攻撃になかなかリズムを作れず我慢する展開が長かったですが、本当に選手が最後まで集中して頑張ってくれました。応援団の力と選手の気持ちが1つになった試合でした。自分達の持ち味であるディフェンスを再確認して来週の戦いに臨みたいと思います。シーズン最後となる残り1試合はチーム全員で頑張ります。
 応援ありがとうございました。

25 河西
()
加藤
()
柳川
()
池田
()
15
小川(功)
()
中村
()

()
須藤
()
阿部
(佐藤)
中道
()
瀧澤
()
奥村
()
石川 リベロ 松尾
26 小川(功)
(神谷)
河西
()
池田
()
須藤
(阿部)
28
阿部
(佐藤)
加藤
()
柳川
(奥田)
奥村
(桝谷)
中道
()
中村
()

()
瀧澤
()
石川 リベロ 松尾
28 河西
()
加藤
()
奥田
(柳川)
池田
()
26
小川(功)
()
中村
()

()
須藤
(阿部)
阿部
(佐藤)
中道
()
瀧澤
()
奥村
(桝谷)
石川 リベロ 松尾
22 小川(功)
()
河西
()
池田
()
須藤
(阿部)
25
阿部
(佐藤)
加藤
(松本)
柳川
()
奥村
(桝谷)
中道
()
中村
()

()
瀧澤
()
石川 リベロ 松尾
15 小川(功)
()
河西
()
池田
()
須藤
()
13
阿部
(佐藤)
加藤
()
柳川
()
奥村
()
中道
()
中村
()

()
瀧澤
()
石川 リベロ 松尾

監督コメント

 終始追いかける苦しい展開でした。終盤で粘りをみせ、どうにかフルセットまで持ち込むことができましたが、あと1歩及ばず悔しい敗戦となりました。リーグ戦も残り1試合となりましたが、最後まで勝ちにこだわり、全力で戦いたいと思います。
 本日も力強い応援を本当にありがとうございました。

要約レポート

 3位の警視庁フォートファイターズと6位のつくばユナイテッドSunGAIAの対戦。
 第1セット、序盤、警視庁は河西が随所でアタックを決めてリードする。つくばタイムアウト後に奥村が4本アタックを決めて1点差まで詰め寄るが、警視庁は阿部のブロックをきっかけに波に乗り24ー15と大量リードの末、中道のサービスエースで先取した。 
 第2セット、両チームともによくボールをつなぎ見応えあるラリーの応酬で最後までもつれる展開となったが、つくばが池田のサービスエースでセットを取り返した。
 第3セット、立ち上りに警視庁の河西と中村が立て続けにブロックを決め勢いに乗るかと思われたが、つくばのリベロ松尾の好レシーブから曹がアタックを決め同点に追いつく。そこからは第2セット同様一進一退の攻防となった。その後、ラリー中に何度もワンタッチを取り得点につなげ、ブロックでも6点をあげた警視庁に軍配があがった。
 第4セット、警視庁・小川(功)、中村、河西のウイングスパイカー陣が躍動し終始リードする展開の中、つくばは曹がアタック、ブロック、サーブで点を取り奮闘。17ー17と追いついたところで柳川、瀧澤が続けてブロックを決め逆転、そのままつくばがセットを奪った。
 第5セット、序盤からラリーの応酬。警視庁が8ー7でリードのコートチェンジ直後に中道がブロックを決め2点差とする。つくばも曹のブロックやアタックで必死に食らいつき13ー14となるが、最後は警視庁・加藤のブロックが決まった。
 順位こそ警視庁が上位ではあるが、過去2度の対戦では1勝1敗と五分の両者の闘いで、フルセットの大熱戦となったゲームは警視庁が勝利を手にした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 渡部 千穂