V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
575
[開催日]
2018/02/17
[会場]
武蔵野総合体育館
[観客数]
392
[開始時間]
15:20
[終了時間]
17:03
[試合時間]
1:43
[主審]
新田 浩幸
[副審]
勝又 禎蔵

警視庁フォートファイターズ

監督: 井上 人哉
コーチ: 鈴木 雅史
通算ポイント: 27
通算: 10勝9敗
3

ポイント
3
16 第1セット
【0:20】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
22
25 第3セット
【0:24】
21
25 第4セット
【0:25】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 27
通算: 10勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲーム初日で大応援団の応援の中、スタートのかたくなっているところに、VC長野の強いサーブに苦しめられリズムを作れませんでしたが、第2セット以降、ブロックからの展開が良くサイドアウトをしっかり切れていたのが良かったです。一つ一つを大事に明日も警視庁らしい粘りのバレーでリズムを作り、勝利できるようにがんばります。
 応援団の皆様、力強い応援本当にありがとうございました。

16 河西
()
加藤
()
田中
(小河原)
栗木
()
25
小川(功)
()
中村
()
小林(哲)
()
長田
()
阿部
(佐藤)
中道
()
峯村
()
森崎
()
石川 リベロ 山本
25 小川(功)
()
河西
()
栗木
()
長田
()
22
大野
()
加藤
(佐藤)
田中
(小河原)
森崎
()
中道
()
中村
()
小林(哲)
()
峯村
()
石川 リベロ 山本
25 河西
()
加藤
(松本)
田中
(小河原)
栗木
()
21
小川(功)
()
中村
()
小林(哲)
()
長田
()
大野
(佐藤)
中道
()
峯村
()
森崎
()
石川 リベロ 山本
25 小川(功)
()
河西
()
栗木
()
長田
()
18
大野
(佐藤)
加藤
()
市川
(小河原)
森崎
()
中道
()
中村
()
小林(哲)
()
峯村
(高澤)
石川 リベロ 山本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週の良い流れを継続して勝利を目指し挑みましたが、惜しい敗戦となってしまいました。第1セットはサーブとブロックが機能し自分達のバレーができましたが、第2セット以降は相手のディフェンスに負ける形になってしまいました。試合数も残り1試合となりこのまま終わる事はできないので、しっかり練習して来週の最終戦に挑みたいと思います。
 本日もご声援いただき、誠にありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームを連勝し、多くの観客の声援に応えたい警視庁フォートファイターズと、残り2戦を勝利し、3位を堅守したい
VC長野トライデンツの対戦。
 第1セット、長野は、序盤から峯村がブロックやスパイクを決め、試合をリードする。中盤も長田、栗木のサービスエース、田中のスパイク、ブロックなどで点数を重ねていく。対する警視庁は、中村が相手ブロックの壁を貫くスパイクを決め、長いラリーも石川や河西らが粘り強く拾って攻撃に繋げるも点差を縮めることが出来ず、VC長野がセットを先取する。
 第2セット、河西、中村らのスパイクで点数を重ねる警視庁に対し、VC長野は、森崎の高い打点からのスパイクや小林(哲)の緩急をつけたスパイクなどで対抗し、一進一退の攻防が続く。中盤、警視庁は新人の大野が上げたレシーブを中村がスパイクを打って決めると勢いづき、中道のノータッチサービスエースなどでリードする。VC長野も、田中の相手コートの隙を突くスパイクや峯村のブロックなどで追撃するも及ばず、警視庁がセットを取り返す。
 第3セットは中盤まで互いに打ち合う大激戦となる。終盤、VC長野は、栗木のノータッチサービスエース、田中のブロックで食らいつくが、警視庁は加藤、中村らがスパイクを確実に決めて突き放し、セットを連取する。
 第4セット、中村、河西の連続ブロックで波に乗った警視庁は、さらに小川(功)がサービスエースを決め、序盤からリードする。中盤以降もリードを広げる警視庁に対し、VC長野は、山本や途中交代の高澤が粘り強く拾ったボールを長田が繋ぎ、栗木がスパイクを決めて気を吐くも、なかなか点差を縮められずにゲームは進む。終盤、中村の2本のサービスエースが試合を決定づけ、警視庁が勝利した。両チームとも、出場した選手全員が粘り強い繋ぎや多彩な攻撃を見せ、会場を埋め尽くす多くの観客を魅了する熱戦となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 利恵