V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
518
[開催日]
2017/11/25
[会場]
狭山市民総合体育館
[観客数]
690
[開始時間]
15:30
[終了時間]
16:53
[試合時間]
1:23
[主審]
慈眼雅啓
[副審]
根岸怜子

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 3
通算: 1勝4敗
0

ポイント
0
28 第1セット
【0:30】
30 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:24】
25
17 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 15
通算: 5勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 振り返ってみると、第1セットがすべてだったのかもしれない。レシーブからコンビが機能し、リードしながら終盤にきたが、最後の1点が取れずに落とす。
 第2、第3セットは思うような攻撃ができず、終始相手のペースで試合が進み、所々に良いプレーがあったが、連続せず敗れる。
 応援にこたえられず残念です。
 明日は切り換えて頑張ります。変わらず応援お願いいたします。

28 小島
(前田)
川畑
(高橋)
栗木
()
長田
(片桐)
30
金丸
()
浜田
()
田中
()
森崎
()
茂木
()
中津
()
小林(哲)
()
峯村
()
川崎 リベロ 山本
21 小島
(前田)
川畑
(高橋)
田中
()
栗木
()
25
金丸
()
浜田
()
小林(哲)
()
長田
(片桐)
茂木
()
中津
()
峯村
()
森崎
()
川崎 リベロ 山本
17 小島
(前田)

()
松村
()
片桐
(長田)
25
金丸
()
浜田
()
市川
()
森崎
()
茂木
()
中津
(大和田)
小林(哲)
()
峯村
()
川崎 リベロ 山本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1週リーグが空いた事が選手の挑むという気持ちを悪い方に落ち着かせてしまった様なゲームの出だしとなってしまいました。それでも代わって入った片桐がチームを落ち着かせてくれ、松村が勢いを与えてくれました。
 内容は良いとは言えないですが、チームとしてはこの試合を勝利できた事は今後に活きてくると思います。
 埼玉県にまで応援に来てくださった応援団・サポーターの皆様、本当にありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームを勝利で飾りたい埼玉アザレアと連勝を伸ばしたいVC長野トライデンツの一戦。
第1セット、序盤は埼玉アザレアが浜田の活躍によりリードしたが、VC長野は田中のブロックや峯村、小林の攻撃により徐々に点差を縮めた。終盤はデュースの連続で一進一退の攻防が繰り広げられたが、最後はVC長野が田中のスパイクで先取した。
第2セット、VC長野は序盤から峯村、小林の攻撃により得点を重ねた。埼玉は浜田、茂木を軸に追い上げたが終盤はVC長野が小林、栗木の活躍によりこのセットを連取した。
第3セット、VC長野が松村の活躍により序盤からリードし、峯村の攻撃で点差を広げて粘る埼玉を振り切り勝利した。
 VC長野は開幕からの連勝を5に伸ばした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 逸見 尚史