V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
514
[開催日]
2017/11/18
[会場]
三沢市国際交流スポーツセンター
[観客数]
435
[開始時間]
15:25
[終了時間]
16:32
[試合時間]
1:07
[主審]
杉村 友雄
[副審]
岡村 尚文

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 廣本 遥
通算ポイント: 9
通算: 3勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
19
25 第3セット
【0:19】
12
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 1
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

本日は、非常に寒いところ応援に駆けつけていただきありがとうございました。キャプテン中川の怪我により、柳田を起用しましたが、とてもいいプレーをしてくれました。柳田の努力が表れたプレーたっだと思います。チームも戦う姿勢を絶やさず見せてくれました。明日は昨シーズンの優勝チームとの対戦です。チーム一丸となって富士通らしい粘り強く攻撃的なバレーをお見せしたいと思います。明日も応援よろしくお願いします。

25 岡村
(志波)
浅野
()
吉岡
()
東野
()
19

()
柳田
()
森本
()
大保
(水口)
岩井
()
横田
()
松下
()
浅川
()
芳賀 リベロ 福島
25
()
岡村
(後藤)
吉岡
()
東野
()
19
岩井
()
浅野
()
森本
()
大保
(神代)
横田
()
柳田
()
松下
(清水)
浅川
(渕江(陵))
芳賀 リベロ 福島
25 岡村
(後藤)
浅野
(田中)
浅川
()
東野
(水口)
12

()
柳田
()
森本
()
皆川
()
岩井
(杉本)
横田
()
松下
(清水)
渕江(陵)
()
芳賀 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

すべてのプレーにおいて、受け身になってしまい終始リードされる苦しいゲームとなってしまった。メンバー交換でリズムを変えたかったが、富士通チームの優位は変えられなかった。挑戦者のプレーを発揮出来なかったが、明日に向けて切り替えていきたい。寒い中たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕3連勝を狙う富士通カワサキレッドスピリッツと今季初勝利を目指すトヨタ自動車サンホークスの一戦。
 第1セット、富士通はセッター新を中心にコンビバレーを展開し、得点を重ねる。一方のトヨタ自動車は松下を中心に攻撃を組み立て、序盤、一進一退の攻防が続いたが、中盤に2連続ブロックで流れを掴んだ富士通がこのセットを先取した。
 第2セット、序盤から富士通が堅い守りからリズムを作り、点差をじわじわと広げていく。一方、トヨタ自動車もコンビバレーで応戦するが、富士通は浅野、横田らの攻撃が効果的に決まり、このセットも連取した。
 第3セット、巻き返しを図るトヨタ自動車は松下を中心に攻撃を仕掛けるが、富士通の勢いは止まらず、その後も着実に点差を広げた富士通がストレートでトヨタ自動車を下し、開幕3連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 工藤 渉太