V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
584
[開催日]
2018/02/25
[会場]
コンパルホール
[観客数]
845
[開始時間]
14:40
[終了時間]
16:21
[試合時間]
1:41
[主審]
木内 誠二
[副審]
田中 亘

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 47
通算: 15勝6敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:18】
12 1

ポイント
0
28 第2セット
【0:29】
26
19 第3セット
【0:20】
25
25 第4セット
【0:25】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 27
通算: 10勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最終戦を勝利で終えることができ大変嬉しく思います。今シーズン2位という結果には決して満足しておりませんが、これが今の実力だと受けとめて更に強くなれる様頑張りたいと思います。今シーズン支えて頂いた皆様に大変感謝しています。また来シーズンは、チームにとって大きな挑戦となります。
 今後とも応援よろしくお願い致します。

25
()
米田
()
田中
(小河原)
栗木
()
12
藤岡
()
ヤカン
()
小林(哲)
()
長田
(椿)
濱本
()
高山
(石橋)
峯村
()
森崎
()
辻口(智) (矢野) リベロ 山本
28 米田
()
ヤカン
()
田中
(小河原)
栗木
()
26

(島崎)
高山
(石橋)
小林(哲)
()
長田
(市川)
藤岡
(小松)
濱本
()
峯村
()
森崎
()
辻口(智) (矢野) リベロ 山本
19
()
米田
()
田中
(小河原)
栗木
()
25
藤岡
()
ヤカン
()
小林(哲)
()
長田
(市川)
濱本
(石垣)
高山
(石橋)
峯村
()
森崎
()
辻口(智) (矢野) リベロ 山本
25 米田
()
ヤカン
()
田中
(小河原)
栗木
()
20
高山
(島崎)

(石橋)
小林(哲)
()
長田
(市川)
藤岡
()
濱本
(石垣)
峯村
()
森崎
()
辻口(智) (矢野) リベロ 山本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今シーズン最後の試合でしたが、勝利することができず残念です。第1セットから相手のサーブに苦しめられワンサイドなゲームになってしまいましたが、第2セットからディフェンスが機能し、良いゲームができました。しかし勝負所でミスをしてしまうところがまだまだ力不足だと感じました。来シーズンは今シーズンの課題を修正しもっと力を付けたいと思います。
 今シーズンも沢山の応援ありがとうございました。来シーズンもよろしくお願いします。

要約レポート

 今シーズン最終戦、ホームゲームで勝利したい大分三好ヴァイセアドラーとVC長野トライデンツの対戦。
 第1セット、大分三好はヤカン、米田の活躍でリードすると、その後もサーブでVC長野を崩して流れを渡さずに先取した。
 第2セット、VC長野は峯村のサービスエースで序盤リードする。対する大分三好はヤカンにボールを集めて追いかけてデュースとなり、最後もヤカンが活躍して逆転でこのセットも連取した。
 第3セット、VC長野は森崎、小林(哲)のブロックが決まりリードする。大分三好は序盤はヤカン、中盤には米田にボールを集めて追いかけるが、VC長野は終盤に森崎のサービスエースで流れを掴み、最後は峯村のサービスエースが決まり、このセットを取り返した。
 第4セット、大分三好は林のブロック、米田のサービスエースから流れに乗っていく。その後もブロックやサービスエースが決まり、VC長野に流れを渡さずに勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松元 和弥