V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
548
[開催日]
2018/01/20
[会場]
桜総合体育館
[観客数]
586
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:07
[試合時間]
1:07
[主審]
松延 亮一
[副審]
青柳 達明

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 13
通算: 3勝10敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:19】
18
25 第3セット
【0:19】
13
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 9
通算: 3勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1セットのスタートは,ブロックとレシーブの連携が悪く,リズムを大きく崩してしまったが,第2セットからは,サーブとブロックが良くなり,トヨタ自動車のリズムを取り戻すことが出来た。寒い中,多くの応援ありがとうございました。

25 浅川
()
松下
()
中津
()

()
22
石黒
()
森本
()
茂木
()
浜田
()
東野
()
吉岡
()
川畑
()
小島
(伊元)
福島 リベロ 川崎
25 浅川
()
松下
()
中津
()

(石井)
18
石黒
()
森本
(神代)
茂木
(伊元)
浜田
()
東野
()
吉岡
()
川畑
(高橋)
小島
()
福島 リベロ 川崎
25 浅川
(清水)
松下
()
中津
()

(伊元)
13
石黒
()
森本
()
石井
()
浜田
()
東野
()
吉岡
()
川畑
(高橋)
小島
()
福島 リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

第1セットが全ての試合であった。終盤までリードしながらサーブミスから自滅。第2セット以降,エースも決められず,守りも崩され,攻守ともにアザレアのバレーが展開できなかった。こういう展開の試合で粘って反撃できるチームにならなければならない。明日の試合は今日の反省を生かし,あきらめずに最後まで戦います。応援よろしくお願いします。

要約レポート

上位進出のためにポイントを重ねたいトヨタ自動車サンホークスと埼玉アザレアとの対戦。
第1セット,スタートは両チームとも慎重な入りであったが,埼玉が正確なサーブレシーブからコンビで流れを掴みリードする。その後も埼玉は流れを崩すことなく16-14とする。その後トヨタ自動車は連続でスパイクミスをし,最初のタイムアウトを取る。このタイムアウトからトヨタ自動車はリズムを掴み逆転に成功する。トヨタ自動車は変化のあるサーブでポイントを重ね,トヨタ自動車が先取した。
第2セット,両チームとも思い切りのあるサーブとスパイクでトヨタ自動車がリードする。埼玉も流れを引き戻そうと思い切りのあるプレーで応戦するが,スパイクミスやレシーブでもミスが出てしまう。トヨタ自動車は終盤まで流れを切らすことなくリードを広げ、25-18で第2セットも連取した。
第3セット,後がない埼玉が反撃に転じようと思い切りの良いプレーを続ける。序盤こそ1点を取り合う展開であったが,トヨタ自動車のブロックが決まるとそこから流れに乗り、レフトから吉岡のスパイク,センターから森本のコンビが決まり点差を離す。その後も流れは変わらず,ストレートでトヨタ自動車が勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 深谷 雄大