V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
547
[開催日]
2018/01/14
[会場]
シーハットおおむら(大村市体育文化センター)
[観客数]
1,079
[開始時間]
14:35
[終了時間]
16:01
[試合時間]
1:26
[主審]
木内 誠二
[副審]
川尻 康行

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ:
通算ポイント: 10
通算: 2勝10敗
0

ポイント
0
37 第1セット
【0:38】
39 3

ポイント
3
17 第2セット
【0:20】
25
17 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 廣本 遥
通算ポイント: 33
通算: 11勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 トヨタ自動車の長崎県(大村市)でのホームゲーム。
 第1セットの接戦を取りきれず、非常に残念です。2セット目、3セット目は、受け身となってしまった。富士通の粘りあるレシーブに攻める気持ちが弱くなった。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。

37 渕江(陵)
()
松下
()
中川
()
加藤
(後藤)
39
石黒
()
森本
(渕江(祥))
浅野
()
岩井
()
東野
()
吉岡
()
岡村
(尾木)

()
福島 リベロ 芳賀
17 渕江(陵)
(浅川)
松下
()
浅野
()
中川
()
25
石黒
(大保)
森本
(神代)
岡村
(尾木)
加藤
()
東野
()
吉岡
()

()
岩井
()
福島 リベロ 芳賀
17 渕江(陵)
(浅川)
松下
()
中川
()
加藤
(後藤)
25
大保
(石黒)
森本
(水口)
浅野
(杉本)
岩井
()
東野
()
吉岡
()
岡村
(手塚)

()
福島 リベロ 芳賀

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は長崎の温かい応援にはげまされ勝たせていただいた試合でした。
 1セット目は、両チームの選手がベストを尽くした好ゲームだったと思います。結果的にはストレートで勝利できたのはとても良かったことでした。
 来週も厳しい戦いとなりますが、富士通らしく戦います。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 お互いに昨日のストレート勝ちの勢いで連勝したい富士通カワサキレッドスピリッツとトヨタ自動車サンホークスとの対戦。
 第1セット、富士通がリードしながら終盤にトヨタの浅川のバックアタックで23-23の同点に、そこから一進一退の攻防が続き、最後は富士通の中川が連続スパイクポイントで振り切った。
 第2セット、富士通が岡村の速攻、岩井のアタックでリード、トヨタは森本の連続ブロックなどで粘りをみせたが、富士通の加藤のアタック、中川のサーブポイント、アタックで突き放した。
 第3セット、トヨタ大保の速攻が連続で決まり、波にのるかと思われたが、富士通の岡村の速攻、ブロックで主導権をにぎる。後半富士通の手塚の速攻が連続で決まり、嬉しい8連勝となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山下 克己