V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
545
[開催日]
2018/01/14
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
300
[開始時間]
14:45
[終了時間]
16:26
[試合時間]
1:41
[主審]
浜野 陽一
[副審]
及川 千春

警視庁フォートファイターズ

監督: 井上 人哉
コーチ: 鈴木 雅史
通算ポイント: 11
通算: 4勝8敗
1

ポイント
0
18 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:23】
18
17 第4セット
【0:23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大同特殊鋼レッドスター

監督: 中尾 貞治
コーチ: 赤澤 直樹
通算ポイント: 12
通算: 4勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲームの大応援の中勝つことが出来ず、本当に申し訳ありません。やってきた練習や自分たちの気持ちを前面に出せなかったのが敗因です。大同特殊鋼の早い攻撃やサーブに苦しめられる事も多かったですが、自分たちのやるべきことを再確認して、来週の試合に切りかえていきたいと思います。厳しい戦いが続きますが、現実をしっかり受け止め、前を向いて頑張りたいと思います。2日間応援ありがとうございました。

18 河西
()
阿部
(佐藤)
伊澤
()
長谷川
(藤元)
25
小川(功)
()
中村
()
田中
()
平野
()
加藤
()
中道
()
木村
()
久保田
()
石川 リベロ 草場 (嶋田)
20 小川(功)
()
河西
()
伊澤
()
長谷川
()
25
加藤
(佐藤)
阿部
(冨吉)
田中
()
平野
(川口)
中道
()
中村
()
木村
()
久保田
()
石川 リベロ 草場 (嶋田)
25 河西
()
阿部
()
伊澤
()
長谷川
()
18
小川(功)
()
中村
()
田中
()
平野
(藤元)
加藤
()
中道
()
木村
()
久保田
()
石川 リベロ 草場 (嶋田)
17 小川(功)
()
河西
()
伊澤
()
長谷川
(辰巳)
25
加藤
(佐藤)
阿部
(冨吉)
田中
(川口)
平野
(藤元)
中道
()
中村
()
木村
()
久保田
()
石川 リベロ 草場

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 新しい年のスタートを白星で飾れ良かったです。リーグが中断している間に取り組んだことが試合で出せました。相手の粘りに負けないで決められたことが良かったです。次週もこの調子で頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。
 本日も遠方より、たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで勝利を飾り、今日こそ大応援団の声援に応えたい警視庁フォートファイターズと、新年初の試合を勝利し、上位に上がりたい大同特殊鋼レッドスターの一戦。
 第1セット、警視庁は小川(功)、中村の好レシーブから阿部、河西ら攻撃陣が得点を上げ、リードする。対する大同特殊鋼は、伊澤が好レシーブで何度もピンチをしのぎ、セッター長谷川が巧みなトスで攻撃陣に繋いで追撃する。中盤に、木村のスパイク、伊澤のブロックで逆転してリードすると、途中交代の藤元がブロックを決めて、セットを先取する。
 第2セット、一進一退の攻防から、大同特殊鋼が田中のスパイク、伊澤のブロックによる連続得点で抜け出してリードする。警視庁はセッター中道の冷静なトスから攻撃に繋げ、相手のレシーブの乱れたところで加藤がスパイク、小川(功)がブロックを決めて追撃する。中盤以降、警視庁は河西のスパイク、加藤のスパイクとブロックで3連続得点し、勢いを取り戻したが、点差を縮めることが出来ず、大同特殊鋼がセットを連取する。
 第3セット、大同特殊鋼は久保田の好レシーブから伊澤、田中がスパイクを決め、リードを奪う。初回のタイムアウト後、落ち着きを取り戻した警視庁は、中村がスパイクを決めると、その後は中村、阿部のサーブで大同特殊鋼のリズムを崩して接戦に持ち込む。中盤、警視庁は小川(功)のスパイクで逆転し、リードを保ち、大同特殊鋼からセットを取り返す。
 第4セット、大同特殊鋼は久保田、木村のスパイクによる得点で序盤からリードする。そのまま粘る警視庁を振り切り、最後は途中交代の辰巳がスパイクを決め、大同特殊鋼が勝利した。
 両チームとも多くの好レシーブが見られ、長いラリーで観客を沸かせる熱戦となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 利恵