V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
544
[開催日]
2018/01/14
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
200
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:58
[試合時間]
1:58
[主審]
新田 浩幸
[副審]
饗庭 和恵

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 25
通算: 8勝4敗
2

ポイント
1
30 第1セット
【0:28】
28 3

ポイント
2
23 第2セット
【0:23】
25
21 第3セット
【0:21】
25
25 第4セット
【0:21】
21
10 第5セット
【0:13】
15

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 9
通算: 3勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日の試合は自分たちの一番弱い所がでたゲームでした。特にサーブ、ブロックが機能せず、終始ペースがつかめず敗戦となりました。次週に向けてもう1度立て直し、気持ちを作り直して挑みたいと思います。
 本日はありがとうございました。

30 藤田
(濱本)
米田
()
中津
()

()
28
小松
()
ヤカン
()
茂木
()
浜田
()
石垣
()

(上前)
川畑
()
小島
(伊元)
矢野 リベロ 川崎
23 藤田
(石橋)
米田
()
中津
()

()
25
小松
()
ヤカン
()
茂木
()
浜田
()
石垣
()

()
川畑
()
小島
(伊元)
矢野 リベロ 川崎
21 藤田
(濱本)
米田
()
中津
(伊元)

()
25
藤岡
()
ヤカン
()
茂木
()
浜田
()
石垣
()

()
川畑
()
小島
(石井)
矢野 リベロ 川崎
25 藤田
(濱本)
米田
()
中津
()

()
21
藤岡
()
ヤカン
()
茂木
()
浜田
()
石垣
()
高山
(石橋)
川畑
()
小島
(伊元)
矢野 リベロ 川崎
10 藤田
(濱本)
米田
()
中津
()

()
15
藤岡
()
ヤカン
()
茂木
()
浜田
()
石垣
()
高山
(石橋)
川畑
()
小島
()
矢野 リベロ 川崎

監督コメント

 前回も勝利しているとあって最初から自信をもってプレーができた。2セットを失ったが、終始アザレアのペースで試合を進められた。エースの攻守にわたる活躍と、セッター浜田のトス回しも良く、昨年末よりリズム良く試合が出来ていたので、今日も最後までペースを握って展開することができた。これも皆様の応援のおかげです。ありがとうございました。

要約レポート

 現在6連勝中の大分三好ヴァイセアドラーと、勝って上位を目指したい埼玉アザレアの一戦。
 第1セット、序盤、大分三好は米田・ヤカン・石垣・林のアタックで点を重ねると、埼玉は川畑・茂木・小島のアタック、さらに林の連続サービスエースで応戦する。両チームともに流れを呼び込もうとタイムアウトや選手交代をするが、互いに一歩も譲らずデュースにもつれ込む。デュースになっても激しい攻防は続き、埼玉は林・中津のアタック、川畑のブロックで点を重ねるが、大分三好はヤカンのアタック・ブロックで応戦し、最後は米田のアタックで先取した。
 第2セット、埼玉は茂木・小島・浜田のアタック、中津のブロックで点を重ねる。一方、大分三好はヤカン・藤田・林のアタック、米田のサービスエースで応戦し一進一退の状況が終盤まで続く。埼玉は、浜田のアタック、中津のブロックポイントで徐々に点差をつけそのまま2セット目を取り返した。
 第3セット、大分三好はセッターを藤岡に代え、米田・ヤカン・石垣を巧みに使い点を重ね、流れをつかむ。埼玉のセッター浜田も川畑・小島・林・茂木で点を重ねる。中盤、埼玉は林のアタックから流れをつかみそのまま3セット目を取った。
 第4セット、後がない大分三好は米田・ヤカンのアタックで点を重ねると、埼玉も小島・林・茂木のアタックで応戦する。終盤大分三好は藤田の連続ブロックから流れをつかみ、最後は石垣のアタックで4セット目を取った。
 第5セット、埼玉は中津・川畑のブロックで流れをつかみ、茂木・小島のアタックで大きくリードする。大分三好はヤカン・米田のアタック、藤田のブロックで応戦するが、勢いに乗った埼玉はそのまま逃げ切り、最後は小島のアタックでこの試合を勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 古田 法美