V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
540
[開催日]
2017/12/10
[会場]
三好公園総合体育館
[観客数]
380
[開始時間]
13:35
[終了時間]
15:24
[試合時間]
1:49
[主審]
有乗 正志
[副審]
竹川 美穂

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 7
通算: 1勝9敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【0:23】
21 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:26】
25
22 第3セット
【0:24】
25
25 第4セット
【0:27】
27
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大同特殊鋼レッドスター

監督: 中尾 貞治
コーチ: 赤澤 直樹
通算ポイント: 9
通算: 3勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲーム2日目、第1セット開始直後から強気のサーブと速攻が有効に決まり、良いリズムでスタート出来たが、第2セットからは大同特殊鋼の粘りのレシーブと思い切りの良い攻撃に対応することが出来ずに悔しい敗戦となった。
 ホームゲームでのたくさんの応援ありがとうございました。

25 浅川
()
松下
()
二五田
()
長谷川
()
21
石黒
()
森本
(神代)
田中
()
平野
()
東野
()
吉岡
()
木村
()
久保田
()
福島 リベロ 草場 (嶋田)
23 浅川
()
松下
()
二五田
()
長谷川
(松山)
25
石黒
()
森本
()
田中
()
平野
()
東野
()
吉岡
()
木村
(嶋津)
久保田
()
福島 リベロ 草場 (嶋田)
22 浅川
()
松下
()
二五田
()
長谷川
(松山)
25
石黒
()
森本
(水口)
田中
()
平野
()
東野
(上坂)
吉岡
(渕江(陵))
木村
()
久保田
()
福島 リベロ 草場 (嶋田)
25 浅川
()
松下
()
二五田
()
長谷川
(松山)
27
石黒
()
森本
(神代)
田中
()
平野
()
東野
()
吉岡
()
木村
()
久保田
()
福島 リベロ 草場 (嶋田)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今年最後のリーグ戦を勝利で飾ることができました。良い流れで年明けからのリーグ戦に向けて進んでいけそうです。
 今後も簡単なゲームはありませんが、一戦一戦全力で挑んでいきたいと思います。
 本日も会場へご声援にきて頂き、ありがとうございました。

要約レポート

 大同特殊鋼レッドスターとトヨタ自動車サンホークスの愛知ダービーは、3-1で攻守のバランスが良かった大同特殊鋼が勝利した。
第1セット、一進一退の攻防が続く展開となったが、トヨタ自動車はアタッカーにまんべんなくトスが回り、大同特殊鋼のブロックに的を絞らせず、アタッカー陣がしっかりと決め切り、トヨタ自動車が先取する。
 第2セット、序盤からもつれる展開となるが、中盤以降、大同特殊鋼は好守でリズムを作ると、久保田・二五田・田中が連続でアタックを決めてセットを奪取する。
 第3セット、トヨタ自動車はAクイックが大同特殊鋼に拾われ始めると攻撃のリズムが悪くなる。吉岡、松下にボールを集めるが、大同特殊鋼は序盤に広げた点差のリードを保ち、連取する。
 第4セット、序盤から連続得点を取り合う展開となる。大同特殊鋼は木村のブロックアウトを狙うアタックや、田中の一人時間差など、攻撃パターンを幅広く多様しトヨタ自動車に的を絞らせなかった。最後、トヨタ自動車も23-19から同点に追いつく粘りを見せるが、勢いに乗った大同特殊鋼・二五田がアタックを決め、あと一歩まで迫ってきたトヨタ自動車を振り切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 三角 希実