V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
533
[開催日]
2017/12/09
[会場]
三郷市総合体育館
[観客数]
451
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:41
[試合時間]
1:41
[主審]
慈眼 雅啓
[副審]
飯島 毅

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 18
通算: 6勝3敗
3

ポイント
3
23 第1セット
【0:25】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
17
25 第3セット
【0:26】
23
25 第4セット
【0:21】
16
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 19
通算: 7勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 前回、ストレート負けをしているVC長野トライデンツに対し、選手は勝ちたいという気持ちを前面に出して戦ってくれました。
 立ち上がりは、相手のサーブに押されていましたが、徐々に粘りが出てき、安定してきた事が次につながる本日の成果だと思います。特にセッター藤岡は、本日のゲームをつくってくれたと思います。
 明日も全力で戦います。御声援宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。

23 藤田
(濱本)
米田
()
市川
(小河原)
栗木
()
25
小松
()
ヤカン
()
小林(哲)
()
長田
(田中)

(石垣)
高山
(石橋)
峯村
()
森崎
()
辻口(智) リベロ 山本
25 藤田
()
米田
()
栗木
()
長田
(片桐)
17
小松
(藤岡)
ヤカン
()
市川
()
森崎
()

()
高山
(石橋)
小林(哲)
()
峯村
()
辻口(智) リベロ 山本
25 藤田
()
米田
()
市川
(小河原)
栗木
()
23
藤岡
()
ヤカン
()
小林(哲)
()
長田
(田中)

(石垣)
高山
(石橋)
峯村
()
森崎
()
辻口(智) リベロ 山本
25 藤田
()
米田
()
栗木
()
長田
()
16
藤岡
()
ヤカン
()
市川
()
森崎
()

()
高山
(石橋)
小林(哲)
(峯村)
松村
(池田)
辻口(智) リベロ 山本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 局面での決めるか決められないかの差が出てしまったゲームでした。
 先週から、なかなかチームがうまく回らずに苦しい状態が続いていますが、優勝をする為にはこの状況としっかり向き合ってチームとして乗り越えて成長したいと思います。
 まだまだあきらめません。しっかり戦っていきますのでこれも応援よろしくお願いします。

要約レポート

 現在、4位の大分三好ヴァイセアドラーが2位のVC長野トライデンツを3-1で破り3連勝となった。
 第1セット、VC長野は森崎、小林(哲)が活躍を見せ、大分三好はヤカン中心に攻撃を組み立て、勝、米田も得点し、終盤まで1進1退の攻防が続いたが、最後はVC長野・栗木がアタックを決め、このセットをものにした。
 第2セット、VC長野は市川が、大分三好はヤカンが活躍を見せた。序盤、大分三好はヤカンのスパイクで得点を重ねる。中盤、大分三好はサーブで崩し優位に試合を進め、終盤には勝、石橋とサービスエースが出て、最後はヤカンがスパイクを決めて、セットを取り返した。
 第3セット序盤は、VC長野が小林(哲)のスパイクで得点を重ねていった。
 中盤大分三好はヤカン、米田のスパイクとサービスエースで流れを掴み、粘るVC長野を振り切り連取した。
 第4セット序盤、大分三好はヤカン、米田のスパイクで得点し、VC長野は森崎のクイック、一人時間差と多彩な攻撃を仕掛けたが、大分三好は米田の3連続得点で引き離すと、VC長野も栗木、森崎の頑張りで応戦するが、勢いに勝る大分三好は藤田のスパイクでこのセットも取り、勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 萩原 裕一