V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
525
[開催日]
2017/12/02
[会場]
高森町民体育館
[観客数]
340
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:14
[試合時間]
1:14
[主審]
中島 俊昌
[副審]
木下 智宏

警視庁フォートファイターズ

監督: 井上 人哉
コーチ:
通算ポイント: 8
通算: 3勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
17
25 第3セット
【0:23】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 3
通算: 1勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日の試合はサーブを効果的に攻める事ができ、ブロックとレシーブからの展開を得点にする機会が多かったので、勝ちに結び付ける事ができたと思います。
 細かなミスも所々ありましたが、選手が何とか勝とうという気持ちを常に意識し続けたことが最大の勝因だと思います。
 明日も苦しい戦いとなりますが、勝つ準備をしっかりしたいと思います。
 応援ありがとうございました。

25 河西
()
大野
()
川畑
(高橋)
笠原
()
20
小川(功)
()
中村
()
小島
()
中津
()
加藤
()
中道
()
浜田
()
加藤
()
石川 リベロ 川崎
25 小川(功)
()
河西
()
川畑
()
笠原
(茂木)
17
加藤
(佐藤)
大野
(小川(貴))
小島
()
中津
()
中道
()
中村
()
浜田
()
加藤
()
石川 リベロ 川崎
25 河西
()
大野
(佐藤)
大和田
()
加藤
()
23
小川(功)
()
中村
()
茂木
()
浜田
()
加藤
()
中道
()

(高橋)
小島
()
石川 リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 最後まで乗り切れないゲームであった。サーブの差が如実に出た試合となった。
自分たちのやらなければならない試合を警視庁フォートファイターズにやられてしまった。
 課題ははっきりしているので修正して次の試合に臨みたい。
 いつも熱い応援をいただきありがとうございます。

要約レポート

 ともに連敗を止めたい警視庁フォートファイターズと埼玉アザレアの第1レグ最終戦。
 第1セット,警視庁は3連続ブロックで流れをつかむ。離されまいとする埼玉は加藤のブロックとスパイクで同点に追いつく。16-16から警視庁は小川(功)、河西のバックアタックなどで突き放し、このセットを先取する。
 第2セット、序盤一進一退の展開だったが、8-8から警視庁が中村の効果的なサーブから連続ブロックなどで5連続ポイントを奪い突き放し、最後は河西のバックアタック、中村のスパイクで連取する。
 第3セット、後がない埼玉は浜田のブロックなどで連続ポイントを奪うが、警視庁は小川(功)のサーブと河西のバックアタックで応戦する。中盤にさしかかり埼玉が16-14とリードするが、警視庁・加藤の速攻などで逆転。その後、埼玉は茂木のバックアタックや小島のブロード攻撃、警視庁は河西のブロックとスパイクで譲らない展開だったが、警視庁・加藤のクイックでマッチポイントを握ると、最後は埼玉のサーブミスで警視庁が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 是則 二郎