V・チャレンジリーグⅠ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
512
[開催日]
2017/11/12
[会場]
コンパルホール
[観客数]
657
[開始時間]
14:58
[終了時間]
16:17
[試合時間]
1:19
[主審]
木内 誠二
[副審]
田中 亘

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 小川 貴史
コーチ: 小林 尚登
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:23】
25
22 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 12
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日の試合は全体的に雑な試合運びとなりました。VC長野の効果的なサーブの継続で連続失点をして常に後を追う展開となり、自チームのサーブが出せませんでした。まだ先は長いので敗戦した課題をクリアにし、修正し、次の試合につなげていきたいと思います。
 ホーム大分での心のこもった応援に感謝しております。大変ありがとうございました。

23 藤田
()
米田
()
市川
(小河原)
栗木
()
25
小松
()
ヤカン
()
小林(哲)
()
長田
()

()
高山
(藤岡)
峯村
()
森崎
()
上前 リベロ 山本
20 藤田
()
米田
(石垣)
栗木
()
長田
(田中)
25
小松
()
ヤカン
()
市川
(小河原)
森崎
()

()
高山
()
小林(哲)
()
峯村
()
上前 (辻口(智)) リベロ 山本
22 藤田
()

(米田)
市川
(小河原)
栗木
()
25
小松
(藤岡)
ヤカン
()
小林(哲)
()
長田
(田中)
石垣
()
高山
(濱本)
峯村
()
森崎
()
(辻口(智)) リベロ 山本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今シーズン優勝するためには、大事な試合になると位置付けてきました。昨シーズン1度も勝たせてもらえなかった相手にアウェーという中で勝利できたのは本当にうれしく思います。
 まだまだ今シーズンは始まったばかりですので、もう1度取り組んできた評価と修正をして、もっと強くなりたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで連勝したい大分三好ヴァイセアドラーと開幕からの連勝を伸ばしたいVC長野トライデンツの対戦。
 第1セット、VC長野は市川と森崎を中心に、大分三好はヤカンと米田を中心に攻撃していき、一進一退の攻防が続く。終盤にVC長野は小林(哲)と市川の連続ブロックで流れを掴み、このセットを先取した。
 第2セット、VC長野が序盤にリベロの山本とセッターの長田が味方が大きく弾いたスパイクレシーブのボールを必死に繋いだことで勢いがつき、主導権を握る。攻撃陣も、小林(哲)と峯村を中心に攻撃して得点を重ねる。大分三好は中盤に藤田と小松の連続ブロックなどで追いかけるが、VC長野がこのセットを連取した。
 第3セット、大分三好は勝とヤカンを中心に得点を重ねていく。VC長野は、セッター長田が様々な攻撃をしていき、もつれる展開となる。最後は、VC長野森崎のサービスエースが決まり、VC長野は開幕からの連勝を4とした。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松元 和弥