V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
315
[開催日]
2017/11/04
[会場]
ウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)
[観客数]
2,898
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:21
[試合時間]
1:21
[主審]
原 啓之
[副審]
渡部 菜保子

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 4
通算: 1勝3敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【0:29】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【0:21】
25
23 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は第1セットから相手に流れを持っていかれたままのゲーム運びとなってしまいました。サーブで乱されていたので、思うような攻撃ができず、苦しい展開となりました。流れを掴もうとしたものの、サーブミスで断ち切ってしまう場面もあり、悔しい試合内容でした。明日は今日の反省を生かし、気持ちを切り替えて戦っていきたいと思います。明日も応援よろしくお願いいたします。

20 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
近藤
()
松本
()
25
栗原
()
長内
()
荒木
()
カルカセス
()
芳賀
()
遠井
()
丸山
(三浦)
冨永
()
佐藤(あ) リベロ 山岸
18 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
近藤
()
松本
(大室)
25
栗原
(齋藤)
長内
()
荒木
()
カルカセス
()
芳賀
()
遠井
(間橋)
丸山
(青柳)
冨永
()
佐藤(あ) リベロ 山岸
23 佐藤(美)
()
ジャクソン
(下平)
近藤
()
松本
()
25
栗原
()
長内
()
荒木
(大室)
カルカセス
()
芳賀
()
遠井
()
丸山
(青柳)
冨永
()
佐藤(あ) (小池) リベロ 山岸

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は相手のセッターを中心としたコンビネーション攻撃への対応が課題でしたが、サーブで攻められたことが勝因だと思います。また、最後まで選手が集中力を切らさずに戦ってくれました。しかし、まだゲームの中でブロックとディフェンスで対応できることがあると感じますので、今後の課題として解決し、さらにチームのレベルが上がるよう努力を続けます。
 本日は多くの熱い声援を本当にありがとうございました。

要約レポート

 全試合ともに接戦を制し、ここから調子を一気に上げていきたい両チームの対戦。
 第1セット、日立リヴァーレ芳賀のサービスエースでスタートしたが、上尾メディックスも丸山の連続ポイント等でリズムに乗り優位に試合を進める。中盤、上尾は近藤のブロック・アタックで点差を広げるが、中盤、日立も相手の連続ミスと長内のアタックで2点差まで追い上げるも、最後は上尾がリズムを取り戻し先取する。
 第2セット序盤、上尾は荒木、日立は長内・栗原の打ち合いで進むも中盤、上尾は再び丸山の連続サービスエースで流れを呼び込み、近藤のブロック、冨永のツーアタック等で点差を広げ、セットを連取する。
 第3セット、後がなくなった日立は栗原にボールを集め、20点までリードし優位に進めるも、上尾も後半カルカセスにボールを集め、徐々に追い上げる。最後は日立のジャクソンと上尾のカルカセスの打ち合いとなったが、リズムに乗った上尾が逆転でこのセットを取り勝利する。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 田中 成幸