V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
350
[開催日]
2017/12/03
[会場]
日立市池の川さくらアリーナ
[観客数]
1,430
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:16
[試合時間]
1:46
[主審]
澤 達大
[副審]
明井 寿枝

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 9
通算: 3勝10敗
1

ポイント
0
15 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:26】
21
16 第3セット
【0:23】
25
18 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 17
通算: 5勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットからの流れをつかむため、佐藤(あ)を中心としたレシーブの粘りと、ミドルブロッカーの速さを追求したコンビネーションで攻めたのですが、ノータッチで見合って落としてしまったボールや、自分たちの失点が目立ち、ホームゲーム2連勝を飾ることができませんでした。
 競った場面でもっと冷静な対応ができるように、来週の試合へ向けて修正したいと思います。
 まずは気持ちで負けないよう強気で戦い、個々の力を一つに努力します。
 ホームゲームということで2日間沢山のご声援、本当にありがとうございました。

15 佐藤(美)
(小野寺)
ジャクソン
()
大野
()
古賀
()
25
間橋
()
長内
()
柳田
()
塚田
()
芳賀
(東原)
遠井
()
廣瀬
()
上野
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎
25 ジャクソン
()
長内
()
大野
()
古賀
()
21
佐藤(美)
()
遠井
()
柳田
(小島)
塚田
()
間橋
(齋藤)
東原
(小野寺)
廣瀬
()
上野
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎
16 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
大野
()
古賀
()
25
間橋
()
長内
()
柳田
(小島)
塚田
(山口)
東原
(小野寺)
遠井
()
廣瀬
()
上野
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎
18 ジャクソン
(小野寺)
長内
()
大野
()
古賀
()
25
佐藤(美)
()
遠井
()
柳田
(小島)
山口
()
渡邊
(間橋)
東原
()
廣瀬
()
上野
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日と同様に、試合の入りを意識して挑んだ。
 サーブとブロックが効果的に機能していた。
 まだセットごとに細かいミスが多いので、そこはしっかりつめていきたいと思う。
 2日間たくさんの応援ありがとうございました。
 来週もたくさんの応援よろしくお願いします。

要約レポート

 第1セット、NECレッドロケッツはウイングスパイカー古賀、柳田を中心に攻撃を組み立て、序盤よりリードする。中盤、日立リヴァーレは佐藤(美)の巧みなトス回しで応戦するも、NECは次々と得点を重ねる。粘りのレシーブで応戦する日立を、NECは最後に廣瀬のスパイクポイントでセットを取った。
 第2セットは序盤から日立がペースをつかみ、硬軟織り交ぜた攻撃で連続得点する。NECも中盤に追い上げるが、日立はジャクソン、間橋のスパイクやブロックで加点し突き放し、セットを取り返した。
 第3セット、序盤は一進一退の攻防となるが、中盤から日立のサーブレシーブが崩れ、スパイクミスが続く。古賀の好守にわたる活躍でNECがセットを奪う。
 第4セット、序盤からNECが古賀、大野のスパイクポイントを重ねてリードする。日立も強打で必死に応戦するが、NECはそれらを好レシーブして切り返す。最後まで日立の追撃を許さなかったNECが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山﨑 公寛