V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
380
[開催日]
2018/01/27
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
1,244
[開始時間]
15:15
[終了時間]
16:58
[試合時間]
1:43
[主審]
北村 友香
[副審]
服部 篤史

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 24
通算: 8勝12敗
1

ポイント
0
19 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:26】
23
19 第3セット
【0:24】
25
18 第4セット
【0:22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 15
通算: 5勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、セット始めから相手のサーブに崩され、序盤から一気に点数を離されてしまった。特に、ラリー中も含め相手のサイド攻撃に対しブロックが機能せず、苦しい展開になった。だが、途中出場の小川がアタックやブロックで良いパフォーマンスをしてくれて、チームに良いエネルギーを与えてくれた。また、若い選手が多く出場していることも今後楽しみである。
 ホームゲーム、たくさんの応援ありがとうございました。明日は一体感を持って挑みます。

19 ケイディ
()
堀川
()
渡邊
()
佐藤(美)
()
25
井上
()
大野
(中田)
芳賀
()
ジャクソン
()
白井
(田代)
黒後
()
遠井
()
長内
()
中川 (中島) リベロ 佐藤(あ)
25 ケイディ
()
堀川
()
佐藤(美)
()
ジャクソン
()
23
井上
()
大野
(小川)
渡邊
(下平)
長内
()
白井
(田代)
黒後
(木村)
芳賀
()
遠井
()
中川 (中島) リベロ 佐藤(あ)
19 ケイディ
()
堀川
()
渡邊
()
佐藤(美)
()
25
井上
()
小川
(中田)
芳賀
()
ジャクソン
()
白井
(田代)
黒後
(木村)
遠井
()
長内
(間橋)
中川 (中島) リベロ 佐藤(あ)
18 ケイディ
()
堀川
(杉原)
佐藤(美)
()
ジャクソン
()
25
井上
(中田)
小川
()
渡邊
()
間橋
()
田代
(白井)
黒後
()
芳賀
()
遠井
(下平)
中川 (中島) リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日はお足元の悪い中、沢山のご声援を頂きまして本当にありがとうございました。
 序盤から勢いよく攻め、相手を崩しチャンスをものにすることができました。コンビネーションも思うように機能し、サーブでも崩せたことが勝因でした。今日は私達にとって最後の一戦ということで、これまで応援して下さった方々の為にも自分達の為にも、絶対に勝とうという気持ちを一つにできた結果だと思います。
 今シーズンのリーグは苦しい戦いの多いシーズンでしたが、しっかりと課題を見つめ直し、技術面も精神面もトレーニングし努力していきます。

要約レポート

 ファイナル6進出のためには絶対勝利したいホームの東レアローズと、現在8位日立リヴァーレの一戦。
 第1セット、日立・渡邊、遠井がポイントを重ね8-3とリードする。東レはサーブレシーブが安定せず、セッター白井のトスを決めきれない。リードを保った日立がセットを先取する。
 第2セット、東レは堀川、ケイディがスパイク、ブロックで加点するも、サーブミスが出てリズムに乗れない。一方、日立は佐藤(美)のトスを渡邊、遠井がしっかり打ち切り、一進一退。終盤、東レは堀川のサーブで相手を崩し加点、最後は代わって入った田代のブロックでこのセットを奪い返す。
 第3セット、東レは堀川のスパイク、小川の速攻で加点するが、サーブミスが多く差を広げられない。日立は長内のスパイク、ジャクソンのブロックでリードするが、東レもケイディの好サーブや黒後のスパイクで点差を詰める。終盤、日立は渡邊のスパイク、ジャクソンのサービスエースで一気に差を広げると、最後は間橋のスパイクが決まりこのセットをものにする。
 第4セット、東レはセッターを田代でスタートするが、サーブレシーブが安定せずリードできない。日立は芳賀の速攻やブロック、途中交代した下平のサービスエースで16-10とリードを広げる。東レは杉原がスパイクで加点するが、差を縮めることができない。終始安定したゲーム運びをした日立が、間橋のスパイクでマッチポイントを奪い勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 波佐間 英之