V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
379
[開催日]
2018/01/27
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
945
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:19
[試合時間]
1:19
[主審]
山本 和良
[副審]
森口 豊

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 22
通算: 7勝14敗
0

ポイント
0
16 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:26】
25
21 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 58
通算: 20勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ここまで全勝の相手に勝ってファイナル6への可能性が残るという、非常に厳しい状況の中で迎えた試合でした。厳しい状況であるからこそと考えてできる限りの準備をしてきましたが、非常に悔しい結果でした。
 上尾メディックスの2017/18V・プレミアリーグは本日で終了しましたが、ここまで21試合本当に多くの声援をありがとうございました。次なる戦いに向けて、今後も努力を続けたいと思います。
 本当にありがとうございました。

16 冨永
(山口)
丸山
()
新鍋
()
岩坂
()
25
カルカセス
()
荒木
(辺野喜)
石井
()
野本
()
松本
()
堀江
(井上)
アキンラデウォ
(栄)
古藤
(帯川)
山岸 リベロ 戸江
21 カルカセス
()
冨永
()
新鍋
()
岩坂
()
25
松本
(青柳)
丸山
()
石井
()
野本
()
堀江
(三浦)
荒木
(辺野喜)
アキンラデウォ
()
古藤
(帯川)
山岸 リベロ 戸江
21 青柳
()
カルカセス
(辺野喜)
新鍋
(加藤)
岩坂
()
25
三浦
(山口)
冨永
()
石井
()
野本
(今村)
荒木
()
丸山
(松本)
アキンラデウォ
()
古藤
()
山岸 リベロ 戸江

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は寒波が押し寄せる中、会場では皆様の温かいご声援を背に試合ができたことを心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 今週のリーグ2戦に対して、私たちは2週間の準備期間で相手への対策練習を徹底してやってきました。本日の試合に関しては、特に上尾メディックスのエースアタッカーに対するブロックとスパイクレシーブの関係性を整え、結果として抑えることに成功したことが大きな勝因だと思います。
 明日もチームとして準備してきたことを発揮し、目の前の一戦を集中して戦いたいと思います。

要約レポート

 首位を独走する久光製薬スプリングスと、ファイナル6進出に向けてなんとしても勝ちたい上尾メディックスとの対戦。
 第1セット、一進一退の展開の中、久光製薬が野本の3連続得点を含む6連続得点で突き放し、最後も野本のバックアタックでセットを先取する。
 第2セット序盤、久光製薬は岩坂、野本のスパイクでリードするも、上尾は三浦の連続サービスエース、カルカセスのバックアタックで食らいつく。粘る上尾であったが、久光製薬がアキンラデウォのスパイクで振り切った。
 第3セット、後がない上尾であったが、序盤から久光製薬が岩坂、石井、アキンラデウォの得点で大きくリード。ストレートで勝利した久光製薬が全勝を守った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 石田 慎