V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
374
[開催日]
2018/01/20
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,667
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:23
[試合時間]
1:23
[主審]
明井 寿枝 
[副審]
渡部 菜保子 

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 金子 隆行
通算ポイント: 23
通算: 7勝11敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
13 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
17
25 第3セット
【0:28】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 24
通算: 8勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まず、勝利することが出来て良かった。ホームゲームの大声援のおかげで良いリズムでバレーボールが出来た。久しぶりにNECらしいプレーが出来た事が勝利するポイントだったと思う。この勢いで明日も全員バレーで戦っていきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

25 大野
()
古賀
()
井上
(小川)
黒後
()
13
山内
(塚田)
奥山
(廣瀬)
田代
(白井)
堀川
()
荒谷
()
島村
()
ケイディ
(中田)
大野
()
岩崎 リベロ 中川 (中島)
25 大野
()
古賀
()
井上
(中田)
黒後
(野村)
17
山内
(塚田)
奥山
(廣瀬)
白井
()
堀川
()
荒谷
()
島村
(山口)
ケイディ
()
大野
()
岩崎 リベロ 中川 (中島)
25 大野
()
古賀
(山口)
ケイディ
(黒後)
白井
()
23
山内
(塚田)
奥山
(廣瀬)
大野
(中田)
井上
()
荒谷
()
島村
()
堀川
()
野村
()
岩崎 リベロ 中川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は出だしから相手のサーブで崩され一気に流れを渡してしまう展開になってしまった。相手の勢いもあったが、自分達のミスによって流れを切ってしまった。相手の攻撃に対して粘り強く対処する場面もあったが、攻撃面で機能しなかったことが敗因だと思う。
 沢山の応援ありがとうございました。レギュラーラウンドも残り2試合全力でチーム一丸で戦おうと思う。

要約レポート

 レギュラーラウンド1勝1敗と勝ち星を分け合い、ファイナル6進出に向けて負けられない、東レアローズとNECレッドロケッツの対戦。
 第1セット、NECは狙いを定めたサーブで崩し、思うように攻撃をさせず先行していく。東レは田代のブロック、堀川のスパイクでなんとかついていくが、NEC・島村の機動力を活かしたスパイクを止められず点差が開く。その後も山内、荒谷のサーブが冴えリードを広げ、最後は島村がブロックを決めた。
 第2セット、東レはセッターの白井をスタートから投入しリフレッシュを図る。しかし、第1セット大差で取ったNECの勢いは止まらない。ブロックとレシーブの関係が素晴らしく、リベロ・岩崎を中心にボールを落とさない。山内のサービスエース、パワー溢れるバックアタックも決まり14ー7とリードを広げる。その後も攻める姿勢を崩さないNECがセットを連取した。
 第3セット、後が無い東レはリベロ・中川が強烈なスパイクを何度もレシーブし、周りに声をかけチームを鼓舞する。ケイディ、堀川が気迫を見せ、常にリードされていたNECから18ー17と逆にリードを奪う。NECはタイムアウトをはさみ、落ち着きを取り戻し、山内のサーブで崩し逆転する。このままNECの流れかと思われたが、東レは大野、野村の連続ブロックで同点に追いつく。抜きつ抜かれつの緊迫した終盤となるが、最後はNEC・大野のブロックが決まり、ホームゲームで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 橋本 正太郎