V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
368
[開催日]
2018/01/07
[会場]
大分県立総合体育館
[観客数]
2,578
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:23
[試合時間]
1:23
[主審]
種元 桂子
[副審]
西中野 健

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 20
通算: 6勝11敗
0

ポイント
0
17 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:28】
27
15 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 49
通算: 17勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 試合の入り方は良かったが、自分たちのサイドアウトが上手く取れなかった。相手の対策をする前に自分たちのバレーが常にできるようにしっかり準備をしていきたい。本日もたくさんの応援ありがとうございました。次週勝つためにしっかり準備していきます。

17 島村
()
荒谷
()
新鍋
()
森谷
()
25
奥山
()
山内
()
石井
()
野本
()
古賀
()
大野
()
アキンラデウォ
()
古藤
()
岩崎 リベロ 戸江
25 島村
()
荒谷
()
新鍋
()
森谷
()
27
奥山
(柳田)
山内
(山口)
石井
()
野本
()
古賀
()
大野
()
アキンラデウォ
()
古藤
()
岩崎 リベロ 戸江
15 島村
()
荒谷
()
新鍋
(加藤)
森谷
(濱松)
25
奥山
(柳田)
山内
(山口)
石井
()
野本
()
古賀
(小島)
大野
()
アキンラデウォ
()
古藤
(栄)
岩崎 リベロ 戸江 (田浦)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まずは年明け二連戦を勝利し、2018年の良いスタートを切ることが出来たことを嬉しく思う。
 本日の一戦は全員の力を結集し、全員の力で勝ち取った一勝だと強く感じている。途中から出場した選手、サポートに回って貢献してくれた選手も含め、一人一人が役割に徹し、来週のホームゲームを戦い抜きたいと思う。
 本日も寒い中、両チームへの温かい応援ありがとうございました。

要約レポート

 開幕からの連勝をさらに伸ばしたい久光製薬スプリングスと連敗は避けたいNECレッドロケッツの対戦。
 第1セット序盤、NECは古賀、荒谷のサービスエースと奥山のブロックでリードするが、中盤以降お互いボールがつながり一進一退の展開となる。しかし、久光製薬はセッター古藤を中心に多彩な攻撃を仕掛けて得点を重ね、このセットを先取した。
 第2セット、NECは古賀、荒谷が活躍して中盤までリードする。対する久光製薬は野本、森谷、アキンラデウォにボールを集めて攻撃していき、逆転でセットを連取した。
 第3セット、久光製薬は石井を中心に、コートにいる選手がみな活躍して、流れを渡すことなく圧倒した。久光製薬は開幕からの連勝を17とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松元 和弥