V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
367
[開催日]
2018/01/07
[会場]
大分県立総合体育館
[観客数]
2,532
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:21
[試合時間]
1:21
[主審]
山本 晋五
[副審]
北村 友香

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 27
通算: 9勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
21
25 第3セット
【0:21】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 10
通算: 3勝14敗

( )内は交代選手

監督コメント

出だしからサーブで攻めて自分たちのバレーが展開できた。第2セットは日立のサーブで崩され、連続失点をする場面もあり、まだまだ課題の残る試合ではあったが、年明けからの2試合を勝ちきれたことはとてもチームにとっては大きい。本日は沢山のご声援ありがとうございました。

25 クリスティアネ
()
坂本
()
佐藤(美)
(小野寺)
ジャクソン
()
22
田原
()
石田
()
渡邊
()
長内
()
鍋谷
()
石井
(堀江)
芳賀
()
窪田
()
小口 (中川) リベロ 佐藤(あ)
25 クリスティアネ
()
坂本
()
佐藤(美)
()
ジャクソン
()
21
田原
(森田)
石田
()
渡邊
(オクム大庭)
長内
()
鍋谷
()
石井
()
芳賀
()
窪田
()
小口 (中川) リベロ 佐藤(あ)
25 クリスティアネ
(鈴木)
坂本
()
ジャクソン
()
長内
(間橋)
16
田原
(宮本)
石田
()
佐藤(美)
()
窪田
()
鍋谷
()
石井
()
オクム大庭
()
芳賀
()
小口 (中川) リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日の試合は、両サイドから思い切った攻撃で攻めることができましたが、ラリー中のレシーブの乱れが目立ち、それが敗因のひとつだったと思います。サーブも、ターゲットを意識して前後の揺さぶりに強弱をつけ攻めましたが、やはり大事な場面での失点があったために流れをつかみきることが出来ませんでした。レギュラーラウンドも残りわずかとなりますが、日立リヴァーレらしいバレーを展開していきたいと思いますので、来週の埼玉大会の応援もどうぞよろしくお願い致します。本日はご声援ありがとうございました。

要約レポート

連勝を伸ばしたいデンソーエアリービーズと連敗を止めたい日立リヴァーレの対戦。
第1セット、デンソーは鍋谷、日立は長内を中心に攻撃をしていく。日立はリベロ佐藤(あ)を中心に粘り強くボールを上げていくが、デンソーはクリスティアネ、石井のブロックが決まり、リードしたままこのセットを先取した。
第2セット、デンソーは鍋谷、クリスティアネの連続ブロック、坂本のサービスエースで流れをつかみ、中盤までリードする。日立はオクム大庭と窪田のアタックでチームに勢いがつき追い上げたが、最後はデンソーが逃げ切りセットを連取した。
第3セット、デンソーはクリスティアネのブロックや鍋谷、石井の攻撃で序盤からリードを広げる。日立は第2セット途中から出場したオクム大庭の活躍で追い上げるが、最後までリードを保ったデンソーがこのセットも取り、ストレートで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松元 和弥