V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
361
[開催日]
2018/01/06
[会場]
岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)
[観客数]
976
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:48
[試合時間]
1:48
[主審]
渡部 菜保子
[副審]
城 智人

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 36
通算: 12勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
18 1

ポイント
0
18 第2セット
【0:24】
25
25 第3セット
【0:25】
19
25 第4セット
【0:24】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 19
通算: 6勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
 年明けの最初の試合を勝利することができ、チームとしても2018年の良いスタートを切ることができたと思う。相手はブロックの良いチームであり、終始苦しい展開であったが、セッターの田中(美)を中心に攻撃をしっかりと組み立てることができた。だがまだまだ課題は多くあるので、自分のチームのことを整理し、強化していきたい。
 本日も寒い中たくさんの温かいご声援ありがとうございました。

25 芥川
()
ミハイロヴィッチ
(井上)
高橋
()
比金
()
18
金杉
(目黒)
田中(美)
()
荒木
()
渡邊
()
田中(瑞)
()
奥村
()
ネリマン
()
小田
()
小幡 リベロ 榊原 (佐藤)
18 芥川
()
ミハイロヴィッチ
()
荒木
()
高橋
()
25
目黒
(井上)
田中(美)
(山本)
ネリマン
()
比金
()
田中(瑞)
()
奥村
(橘井)
竹田
()
渡邊
(平松)
小幡 リベロ 榊原 (佐藤)
25 芥川
()
ミハイロヴィッチ
(井上)
高橋
()
比金
()
19
目黒
(金杉)
田中(美)
()
荒木
()
平松
(杉)
田中(瑞)
()
奥村
(橘井)
ネリマン
()
竹田
()
小幡 リベロ 榊原
25 芥川
()
ミハイロヴィッチ
(井上)
荒木
()
高橋
()
23
目黒
()
田中(美)
()
ネリマン
()
比金
()
田中(瑞)
()
奥村
(橘井)
竹田
()
平松
(杉)
小幡 リベロ 榊原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は各自の役割分担は明確で、やるべきことは分かっていたが、相手の展開力を上回ることができなかった。JTはつなぎのプレーが優れており、その差がそのまま点差となった。
 岐阜でも多くの応援に感謝しております。明日は勝利をお見せできるように準備します。ありがとうございました。

要約レポート

 V・ファイナルステージ進出に向けて勢いをつけたいJTマーヴェラスと、皇后杯を制し、3レグでの巻き返しを図りたいトヨタ車体クインシーズとの一戦。
 第1セット序盤、JTはミハイロヴィッチ、トヨタ車体はネリマンを軸に攻撃を組み立てる。そこからリードを広げたのはJT。田中(美)が繰り出すトスから金杉、田中(瑞)、芥川が攻め、最後はミハイロヴィッチのアタックが決まり、セットを先取した。
 第2セットの主導権を握ったのはトヨタ車体。奮起したネリマンと、このセットからコートに入った竹田の攻守にわたる活躍が光った。3連続ブロックで勢いに乗ったトヨタ車体が得点を重ね、最後は荒木の2連続サービスエースでセットを取り返した。
 第3セットはJTがサーブで相手レシーブ陣を崩し、試合を優位に進める。20点以降もミハイロヴィッチの攻撃で確実に得点を重ねたJTが追いすがるトヨタ車体を振り切り、このセットを奪った。
 第4セット、終盤まで互いに譲らず激しい点の取り合いとなる。20点以降の競り合いの中、JTは強気でミドルブロッカー陣が攻めきり、勝利を収め、JTはV・ファイナルステージへの進出を決めた。
 2018年の幕開けとなったこの試合では白熱したラリーと、速さとパワーを満喫した観客から大歓声が送られ、両チーム共に残りゲームでの更なる熱戦が楽しみになるゲームとなった。

  

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 加知 昌彦