V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
358
[開催日]
2017/12/10
[会場]
深谷市総合体育館(ビッグタートル)
[観客数]
1,457
[開始時間]
16:15
[終了時間]
17:52
[試合時間]
1:37
[主審]
明井 寿枝
[副審]
桑原 健輔

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 15
通算: 5勝10敗
0

ポイント
0
29 第1セット
【0:37】
31 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:27】
25
22 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 22
通算: 7勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日から3レグに入り、その重要な一戦でしたが、第1セットをチャンスがありながら勝ち切れなかったことが、その後に響いた結果でした。
 相手のセンターを中心としたコンビネーションにブロックとディフェンスで対応し切れなかったことが敗因でしょう。
 年内の試合は今日で終わりますが、ここまでのゲームを振り返って反省し次に向けてしっかりと準備をしたいと思います。
 今日はホームゲームということで本当に多くの声援ありがとうございました。

29 山口
(小笹)
丸山
(松本)
鍋谷
()
田原
(堀江)
31
荒木
()
カルカセス
()
石井
(兵頭)
クリスティアネ
()
青柳
(大室)
冨永
()
石田
(鈴木)
坂本
()
山岸 リベロ 小口 (中川)
20 山口
(三浦)
松本
(丸山)
石井
()
鍋谷
()
25
荒木
()
カルカセス
()
石田
()
田原
()
青柳
(大室)
冨永
()
坂本
()
クリスティアネ
()
山岸 リベロ 小口 (中川)
22 冨永
()
青柳
(大室)
鍋谷
()
田原
(鈴木)
25
荒木
()
カルカセス
()
石井
()
クリスティアネ
()
丸山
(松本)
堀江
(小笹)
石田
()
坂本
(山田)
山岸 リベロ 小口 (中川)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は上尾の高い攻撃力を前に、ブロックとディグでよく粘ることができた。
 1セット目を取りきることができたのが大きかったと思う。
 サーブも常に攻める事が出来ていたので、良い形で年内のリーグを終える事が出来た。皇后杯と残りの試合に向けてまた良い準備をしていきたい。
 本日は沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 両チームとも連勝で3レグ目を幸先よくスタートしたい上尾メディックスとデンソーエアリービーズの対戦。
 1セット目、終盤まで一進一退の攻防が続く。上尾のカルカセスの強烈なスパイクを拾い続け、鍋谷・坂本・石田の多彩な攻撃で得点を重ねたデンソーが31-29でこのセットを競り勝った。 
 2セット目、序盤はデンソーがサーブで上尾を崩し8-3とリードする。上尾はエースのカルカセスにボールを集め、19-18と1点差まで詰め寄るが、デンソーは鍋谷・坂本のアタックで上尾の追い上げを振り切り、最後は坂本のサービスエースでセットを連取した。
 3セット目も点差の少ない展開が続いたが、クリスティアネの移動攻撃、鍋谷のサービスエースでデンソーが流れを掴む。終盤、上尾は荒木や青柳の攻撃で2点差まで追いついたが、最後はクリスティアネのブロックが決まり、デンソーがストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 古田 ゆき江